中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部の整備工場数、11月の新規認証が依然高水準~半年間連続で増

特定整備制度のもとで、中部地区の整備業界では認証の新規が高水準で続いている。とくに、電子制御装置整備の専門認証取得が目立っている。中部運輸局がまとめた管内(5県)の認証・指定工場数及び新規・廃止状況によると、11月は認証の新規が20件、廃止が9件となり、6月以降6カ月連続で新規が廃止を大幅に上回った。とくに、専門認証が12件と、新規認証の6割を占めた。これにより、11月末現在の中部の整備工場数は1万3080工場となり、前年同期と比べ54工場増加した。

(全文は整備新聞 令和4年1月10日号:13面に掲載)

電子制御装置整備で新規の専門認証が増加前のページ

車体整備の特定整備認証取得が中部平均で組合員の4割次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    11月から中部ですれ違い用前照灯審査を変更

    自動車技術総合機構中部検査部と軽自動車検査協会愛知主管事務所は11月1…

  2. 整備関係

    国交省・全国初の自動運転「レベル4」の認可

    国土交通省は、福井県永平寺町で移動サービスとして運行する車両について、…

  3. 整備関係

    三重整振・理事会で上半期の報告や点検キャンペーンの対応など

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は10月1日、津市の振興…

  4. 整備関係

    バンザイ・名古屋トレーニングセンターを開設

    大手整備用機械工具商社のバンザイ(柳田昌宏社長)はこのほど、岐…

  5. 整備関係

    コロナの緊急事態宣言で登録申請添付書類の有効期間を延長

    新型コロナウイルス感染拡大に基づく緊急事態宣言が発令されたことを受けて…

  6. 整備関係

    車検ステッカーの貼付位置を7月から運転席上部に

    国土交通省は、検査標章の貼付位置を見直す「自動車検査業務等実施要領(依…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP