中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

電子制御整備認証・中部の取得率が平均47・9%に

特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が、中部地区では全国平均を大きく上回るペースで進んでおり、整備事業者の取得率は昨年末時点で47・9%と半数に近づいた。とくに、指定工場では80%を超え、終盤が見えてきた。ただ、認証工場では依然として取得率3割にも達していないことから、各整備振興会とも認証工場での取得促進策を一層強化していく考えだ。

(全文は整備新聞 令和4年1月25日号:1面に掲載)

未来を考える会が行政と意見交換に向けて内容確認前のページ

愛知県自動車整備振興会理事・早川裕司氏死去次のページお悔やみ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・瀬戸支部は青年部が協力し点検手順を説明

    瀬戸自動車販売整備組合と一体で活動を展開する愛知県自動車整備振…

  2. 整備関係

    三重整振の未来考える会が人材確保テーマにセミナー

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長…

  3. 整備関係

    愛整振・支部主催でOBD検査・確認の研修会が続く

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)は、来年10月からスタ…

  4. 整備関係

    愛知整備商工・総代会、川村理事長再選し組織力活かし共同経済事業を

    愛知県自動車整備商工組合(川村保憲理事長)は6月11日、ミッド…

  5. 整備関係

    愛知の自動車盗難、前年比49%の大幅増(7年ぶり)

    愛知県の昨年(1~12月)の自動車盗難認知件数は745件で、前年の認知…

  6. 整備関係

    10月1日から中古車販売価格「支払総額」表示の規約施行

    中古車販売の適正化に向けて、中古車の「支払総額」の表示を定めた改正規約…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP