中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

国交省が規則改正しAI活用の完成検査の法令整備

国土交通省は自動車型式指定規則と完成検査実施規程の一部を改正し、自働車メーカーなどが行う完成検査について、人工知能(AI)などを活用した自動化を可能とする法令整備を行った。施行は11月30日。発表によると、道路運送車両法が定める自動車型式指定制度においては、自働車製作者などは製作した自動車を1台ごとに検査(完成検査)することとされている。

(全文は整備新聞 令和4年1月25日号:3面に掲載)

引っ越し時のナンバー交換を猶予する特例を創設前のページ

国交省が大雪時の大型車立ち往生に注意を呼びかけ次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    日本全国で愛される元気と笑顔届けるパートナー:坪内孝暁・愛知軽協会長

    新年あけましておめでとうございます。令和三年の新春を迎え、心からお慶び…

  2. 整備関係

    ロータス愛知が感謝の集いでキャンペーンの報告など

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会愛知県支部(水…

  3. 整備関係

    継続車検がコロナ禍で市場が乱高下

    新型コロナウイルス感染拡大の影響が、継続車検市場にも表れている。今年度…

  4. 整備関係

    名鉄整備津島工場を指定取消の処分に

    中部運輸局は1月21日付で、検査の一部未実施などの不正車検を行っていた…

  5. 整備関係

    愛整振・支部長会で直近の活動や日程など報告

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は7月5日、小牧教育セン…

  6. 整備関係

    コロナで点検キャンペーンのイベント大半が中止に

    今年度の全国一斉マイカー点検キャンペーンは、コロナ禍により「点…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP