中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

引っ越し時のナンバー交換を猶予する特例を創設

国土交通省は個人が引越の際、オンラインにより自動車の変更登録申請を行う場合に、ナンバープレートの交換を次回の車検時まで猶予する特例を創設し1月4日から運用を開始した。この特例は、引越に伴い、所有者本人が変更登録申請マイナンバーカードを用いて自動車ワンストップサービス(OSS)により行う手続きが対象となる。

(全文は整備新聞 令和4年1月25日号:3面に掲載)

中部の整備工場数が12月も新規認証の増加続く前のページ

国交省が規則改正しAI活用の完成検査の法令整備次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    電子制御認証で中部の取得率が18%超える

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が進んでおり、中部5県で…

  2. 整備関係

    三重軽自動車会館が竣工

    三重県自動車会議所(竹林武一会長)は12月15日、軽自動車会館…

  3. 整備関係

    JU岐阜が1月21日から県下一斉「JU岐阜ショップの日」を展開

    岐阜県中古自動車販売商工組合(JU岐阜・横山隆仁理事長)は1月…

  4. 整備関係

    愛整振・理事会で事業報告や決算書類など承認

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は5月10日、小牧教育セ…

  5. 整備関係

    中部運輸局・遠隔操作の自動運転許可

    中部運輸局が全国で初めて認可した遠隔型自動運転システムによる自動運転車…

  6. 整備関係

    愛知の継続車検、登録車は前年比3・5%増

    車検市場が堅調に推移している。大市場の愛知県における令和2年度の継続検…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP