中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・指定整備委員会を開催し指定整備の適正化など審議

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は1月25日、小牧教育センターで第27回指定委員会(伊藤友二委員長)=写真=を開いた。今回は①指定整備事業の適正運営対策と監査状況②自動車整備士資格制度等見直し―などについて協議した。指定整備事業の適正化については、愛知運輸支局の青山文彦首席陸運技術専門官が「車検証の電子化」の概要、記録等事務代行制度などを説明した。

(全文は整備新聞 令和4年2月10日号:1面に掲載)

静岡整振が理事会、創立70周年記念含め事業計画を審議前のページ

国交省がパブコメ・整備士資格制度を改正次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    電子制御整備認証取得は中部で全国の3割強

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証資格取得が急務となっているが、…

  2. 整備関係

    電子車検証でパブコメ、適切な組織体制や設備など

    来年1月から車検証の電子化が始まるのに伴い、指定整備事業者が車検有効期…

  3. 整備関係

    JAF愛知支部が豊橋市と県内26番目の観光協定

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は5月26日…

  4. 整備関係

    特定整備認証を取得、大森自動車インタビュー

    指定工場の大森自動車(名古屋市西区)=写真=は今年1月、「電子…

  5. 整備関係

    愛知の継続車検、登録車は前年比3・5%増

    車検市場が堅調に推移している。大市場の愛知県における令和2年度の継続検…

  6. 整備関係

    整備関係

    総整備売上高3年連続プラス(1・7%)に

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)がまとめた平成31年…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP