中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

特別企画:中部5県振興会・商工組合の会長・理事長が座談会

自動車技術の急進展を背景に、整備業界も大変革期に入った。当面の課題は特定整備制度への対応だが、電子制御装置整備の認証取得では中部の対応が全国で最も進んでいる。そして、これに続く課題も山積している。昨年10月から新点検基準によるOBDを活用した点検が始まり、来年1月からは車検証の電子化、令和6年10月からはOBD検査も実施され、それらへの適切な対応が求められる。こうしたことを踏まえ、今回は特別企画として中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)を構成する5県整備振興会会長・商工組合理事長に「整備業界の展望」についてご意見をお寄せいただき、紙上座談会として集約した。とくに今回は、テーマに沿って中部運輸局の嘉村徹也局長からもご所見をお寄せいただいた。

(全文は整備新聞 令和4年2月10日号:4~5面に掲載)

福井整振・認証工場研究会で電子制御認証の取得促進前のページ

岐阜整振が理事会で上半期事業など報告次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜整振・飛騨ブロックが登録事務所開設30周年で飛騨会館に記念品贈呈

    飛騨自動車検査登録事務所(高山市)が開設されて今年で30周年を…

  2. 整備関係

    国土交通大臣表彰で中部の整備業界から12氏

    国土交通省は12月9日、令和3年度の自動車関係功労者に対する大臣表彰を…

  3. 整備関係

    愛知の中川支部が総会で会員の交流や研修などを計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の中川支部(大矢英憲支部長)はこ…

  4. 整備関係

    整備関係

    愛知の指定1Bが警察から講師を招き新春講演

    愛知県自動車整備振興会(坪内恊致会長)の指定第1ブロック(中・昭和・千…

  5. 整備関係

    愛整振・豊田支部と指定Bが合同理事会と検査員会開く

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・豊田支部(杉浦直人支部…

  6. 整備関係

    車検場内での事故が1000万円を超える高額な弁償費にも

    登録車や軽自動車の検査場内における受検者の事故が多く発生している。検査…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP