中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

静岡車恊・日車協連を脱会へ

静岡県自動車車体整備協同組合(土屋忠士理事長)が昨年12月、全国団体である日本自動車車体整備協同組合連合会(日車協連、小倉龍一会長)に退会届を出し、受理された。退会理由は「組合運営上の問題」(土屋理事長)としている。日車協連の規定により、退会は年度末となる。

(全文は整備新聞 令和4年2月10日号:3面に掲載)

中部車恊連が特定整備への対応など情報交換前のページ

静岡整振・西部地区が支所駐車場で54台の街頭検査を実施次のページ

関連記事

  1. 車体関係

    車体整備関係

    愛車協の組合員2社が特定整備の新認証看板

    特定整備認証の取得を積極的に進める愛知県自動車車体整備協同組合で、4月…

  2. 車体整備関係

    静岡車恊が総会で「6月末で組合解散」承認、46年の歴史に幕下ろす

    静岡県自動車車体整備協同組合(土屋忠士理事長)は5月22日、県…

  3. 車体整備関係

    日車協連が総会で高度化講習など事業計画

    日本自動車車体整備協同組合連合会(日車協連、小倉龍一会長)は6月14日…

  4. 車体関係

    車体整備関係

    テュフジャパンが板金塗装の技術者育成トレーニング認定を開始

    品質や安全などの監査・認定サービスを行うテュフラインランドジャパン(横…

  5. 車体関係

    車体整備関係

    特定整備認証取得が中部でまだ1割にとどまる

    今年度から特定整備制度がスタートし、車体整備事業も電子制御装置整備の認…

  6. 車体整備関係

    中部の各車体協組・組合員の減少傾向続く

    厳しい経営環境が続く中で、各県車体整備協同組合の組合員数減少に歯止めが…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP