中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・豊橋支部が総会で委員会、部会ごとに新年度計画

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の豊橋支部(村田旬一郎支部長)は5月13日、ホテルアークリッシュ豊橋で第33回通常総会(写真=挨拶する村田支部長)を開き、交通安全活動や研修会の開催などを柱とした新年度の事業計画や予算などを決めた。総会の冒頭、村田支部長は「昨年度は防犯ネジの取り付けや東三河フードバンクへの寄付など、新しい事業にも取り組んだ。整備業界が大きな変革期を迎えているなか、ウィズコロナを考えながら支部として会員への情報提供や社会貢献活動に積極的に取り組んでいきたい」と強調した。

(全文は整備新聞 令和4年5月25日号:2面に掲載)

 

愛整振・西尾支部が総会で青年部と連携し地域活動なども前のページ

愛整振・春日井支部が総会で事業計画と支部規約一部改正も次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    三重運輸支局が環境対策で優良42事業場を表彰

    三重運輸支局は8月7日、津市の三重県自動車整備振興会会議室で令…

  2. 整備関係

    整備売上高が4年連続でプラス成長

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)がまとめた令和2年度…

  3. 整備関係

    静岡商工が3会場で「商工祭」を開催

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)はこのほど、令和2…

  4. 整備関係

    愛知盗難防止恊が総会で啓発や防犯ネジ取付けなどの計画決める

    自動車関連盗難が依然として多発する中、自動車関係団体と警察、損保協会な…

  5. 整備関係

    電子車検証でパブコメ、適切な組織体制や設備など

    来年1月から車検証の電子化が始まるのに伴い、指定整備事業者が車検有効期…

  6. 整備関係

    新点検基準が10月施行、OBD点検を記載

    今年10月から改正点検基準が施行され、新しい点検整備記録簿への記載が始…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP