中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・碧南支部が委員会担当で研修会などを計画

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の碧南支部(岡本彰支部長)は5月14日、碧南市商工会議所で通常総会(写真)を開き、経営・技術・親睦の各委員会が担当して取り組む令和4年度の事業計画を決めた。冒頭、岡本支部長は「業界では特定整備制度に基づく電子制御装置整備認証の取得が急がれる中、昨年10月には新点検基準によるOBD検査がスタートし、来年1月には車検証の電子化も始まる。今後も研修会などを通じて新しい情報の提供に取り組んでいきたい」と強調した。

(全文は整備新聞 令和4年6月25日号:4面に掲載)

愛整振・中支部が車検証電子化に向けて研修会など計画前のページ

愛知部品組合が総会で新理事長に田中康裕氏を選出次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    四日市・伊勢志摩の図柄入りナンバー普及促進へPR強化

    地域の魅力アップなどを目的に、自動車の図柄入りナンバープレートが全国各…

  2. 整備関係

    来年1月から車検証電子化、整備事業者で記録更新など

    令和元年の道路運送車両法改正を機に、整備業界は大きな変化の波に直面して…

  3. 整備関係

    三重の未来を考える会、地区の状況や人材確保など意見交換

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長…

  4. 整備関係

    保安基準告示改正~自動運転に対応した検査を導入へ

    国土交通省は道路運送車両の保安基準の細目を定める告示を改正し、令和6年…

  5. 整備関係

    ロータス愛知が今年も県内3カ所で「愛の献血」行う

    全日本ロータス同友会愛知県支部は10月6日、地域奉仕活動の一環…

  6. 整備関係

    岐阜整振、クルマの児童画作品を展示

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)はこのほど、岐阜市の「み…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP