中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

夏の交通安全・出発式で死亡事故が増え危機感「手を上げて横断」訴え

愛知県自動車会議所(山口真史会長)をはじめとする自動車関係団体も参画する愛知県交通安全推進協議会(会長・大村秀章知事)は7月11日、県議会議事堂正面玄関前で「夏の交通安全運動」の出発式を行った。今年も7月11日から20日までの10日間展開した。

(全文は整備新聞 令和4年7月25日号:3面に掲載)

愛整振・春日井支部がシートベルト着用など広報活動を展開前のページ

岐阜軽協・総会で新会長に加藤孝廣氏を選出次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・碧南支部が委員会担当で研修会などを計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の碧南支部(岡本彰支部長…

  2. 整備関係

    整備関係

    国交省:省令・告示改正、4月から自動運行装置の点検整備に認証

    国土交通省は2月6日、道路運送車両法改正に伴う「特定整備制度」などを柱…

  3. 整備関係

    保障法の改正、自賠責の一部で事故被害者支援

    自動車事故による被害者の保護を増進するため、自動車損害賠償責任保険(自…

  4. 整備関係

    技術高度化に対応し:大石英一郎・中部運輸局長

    新年あけましておめでとうございます。謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。…

  5. 整備関係

    PRや人材育成など組合員の支援を積極化:横山隆仁・岐阜中販理事長

    ――昨年の中古車市場はいかがでしたか。横山理事長 昨年…

  6. 整備関係

    竹林武一氏が「旭日中綬章」受章に感謝し2団体に寄付

    令和4年秋の叙勲で旭日中綬章を受章した竹林武一氏(三重トヨタ自…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP