中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

夏の交通安全・出発式で死亡事故が増え危機感「手を上げて横断」訴え

愛知県自動車会議所(山口真史会長)をはじめとする自動車関係団体も参画する愛知県交通安全推進協議会(会長・大村秀章知事)は7月11日、県議会議事堂正面玄関前で「夏の交通安全運動」の出発式を行った。今年も7月11日から20日までの10日間展開した。

(全文は整備新聞 令和4年7月25日号:3面に掲載)

愛整振・春日井支部がシートベルト着用など広報活動を展開前のページ

岐阜軽協・総会で新会長に加藤孝廣氏を選出次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜整振がイベントで子供たちに整備士を体験

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は8月23日、岐阜市のO…

  2. 整備関係

    中部の行政処分、不正車検で指定取消など

    中部運輸局は令和3年度の整備事業者に対する行政処分状況をまとめた。前年…

  3. 整備関係

    愛整振・三河教育センター建設の地鎮祭を実施

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は4月15日、三河地区の…

  4. 整備関係

    エイニーズガレージ・エーミング専門工場に月80台ペースで入庫

    特定整備の電子制御装置整備の認証を取得しているエイニーズガレー…

  5. 整備関係

    中部運輸局がICT活用テーマに事故防止セミナー

    「ICTがもたらす事故防止の未来」をテーマに、中部運輸局は今年…

  6. 整備関係

    三重自販協、総会で岩井支部長・会長を再選

    自販連三重県支部(岩井純朗支部長)と三重自動車販売協会(同会長)は2月…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP