中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・春日井支部がシートベルト着用など広報活動を展開

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の春日井支部(川上健治支部長)は7月13日、春日井市王子町の王子製紙春日井工場・王子クラブ前で交通安全の広報活動(写真)を実施した。今回は春日井警察署をはじめ、市交通安全協会、安全運転管理協議会と協力し、夏の交通安全県民運動の期間中の取り組みとして「全席シートベルト・チャイルドシート着用キャンペーン」を実施。

(全文は整備新聞 令和4年7月25日号:3面に掲載)

JAF愛知支部がドライバーに交通安全を呼びかけ前のページ

夏の交通安全・出発式で死亡事故が増え危機感「手を上げて横断」訴え次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    日整連がWeb・書面で総会、新技術への対応など

    日本自動車整備振興会連合会・同商工組合連合会(竹林武一会長)は…

  2. 整備関係

    岐阜整振がクルマ児童画コンの応募833全作品を展示

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は12月12、13日の2…

  3. 整備関係

    岐阜整振・特定認証を指定工場の90%超が取得へ

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)の電子制御装置整備認証の取得率が…

  4. 整備関係

    2020年の事故死者数、愛知は2年連続でワースト免れる

    昨年の愛知県の交通事故死者数は154人(150人)となり、前年…

  5. 整備関係

    レベル4自動運転の社会実装に向けプロジェクトの工程表など作製

    国土交通省と経済産業省が設置した自動走行ビジネス検討会はこのほど、レベ…

  6. 整備関係

    愛知電装商組・理事会で事業計画などを審議

    愛知県自動車電装品整備商工組合(平出晴久理事長)は4月18日、…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP