中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・春日井支部がシートベルト着用など広報活動を展開

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の春日井支部(川上健治支部長)は7月13日、春日井市王子町の王子製紙春日井工場・王子クラブ前で交通安全の広報活動(写真)を実施した。今回は春日井警察署をはじめ、市交通安全協会、安全運転管理協議会と協力し、夏の交通安全県民運動の期間中の取り組みとして「全席シートベルト・チャイルドシート着用キャンペーン」を実施。

(全文は整備新聞 令和4年7月25日号:3面に掲載)

JAF愛知支部がドライバーに交通安全を呼びかけ前のページ

夏の交通安全・出発式で死亡事故が増え危機感「手を上げて横断」訴え次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振支部長会で来年度キャンペーンの説明など

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は2月10日、小牧教育セ…

  2. 整備関係

    秋の褒章で中部の整備業界から前田正和氏が黄綬褒章

    令和4年度秋の叙勲・褒章で、中部の整備業界(整備振興会会員)から、愛知…

  3. 整備関係

    中部運輸局が2月2日に事故防止対策でセミナーを開催

    中部運輸局は令和5年2月2日、名古屋駅前のウインクあいち(愛知県産業労…

  4. 整備関係

    JAF調査で後席シートベルト着用が一般道で42%

    日本自動車連盟(JAF)と警察庁が合同で、昨年10~12月に行った「シ…

  5. 整備関係

    愛知自販協・会員の安定的な発展など

    愛知県自動車販売店協会・日本自動車販売協会連合会愛知県支部(小林剛 会…

  6. 整備関係

    JU愛知・外国人会員を対象に交流会

    愛知県中古自動車販売商工組合(JU愛知・加藤勇東 理事長)は9…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP