中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・西支部が総会で電子車検証などの研修会を計画

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の西支部(堀田誠支部長)は6月13日、名古屋市中区の名古屋観光ホテルで第31回定期総会(写真)を開き、研修会やマイカー点検教室などを内容とした令和4年度の事業計画を決めた。冒頭、堀田支部長は「対面による総会を3年ぶりに開催することができた。コロナ禍が続く中、整備業界は法・制度などが急速に変化しており、早期の対応が求められている。今期は各事業を積極的に実施していきたい」と挨拶した。

(全文は整備新聞 令和4年7月25日号:3面に掲載)

愛整振・小牧支部が総会で定期点検の促進など積極展開へ前のページ

JAF愛知支部がドライバーに交通安全を呼びかけ次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    OBD検査用スキャンツール2機種目を公表

    日本自動車機械工具協会(JASEA)は6月12日、OBD検査に使用する…

  2. 整備関係

    JU愛知が青年部担当AAで初出品企画など

    愛知県中古自動車販売商工組合(JU愛知・兼松幸生理事長)は3月…

  3. 整備関係

    経過措置期間が残り僅か電子制御認証の取得促進を要請

    自動車整備業界で電子制御装置整備の認証取得が急がれるが、とくに認証工場…

  4. 整備関係

    三重会議所などが交通安全・環境フェスで事故防止を啓発

    地域の人たちに交通安全と運輸・交通分野における環境意識を高めて…

  5. 整備関係

    中部で指定取消処分が15件、BMの不正車検など

    中部ではビッグモーター(BM)の悪質な不正事案などが多く発生したことも…

  6. 整備関係

    四日市自動車整備組合・定時総会を開催し、伊井理事長を再選

    四日市自動車整備組合(伊井雅春 理事長)は2月19日、プラトン…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP