中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部運輸局・警戒レベル4で車検場など業務中断

中部運輸局は災害時に、業務継続の可否判断の規定を一部改正し、販売・整備事業者などに周知を図っている。去る6月2日の豪雨における車検場などの対応を受けた措置。

(全文は整備新聞 令和5年7月10日号:1面に掲載)

日整連・整商連が総会で課題への対応、使命を強調前のページ

中部運輸局・技術安全部長に諸川慎治氏が就任次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    軽も新車OSS開始:田中秀一・軽検協愛知主管長

    新年明けましておめでとうございます。令和5年の新春を迎え、心からお慶び…

  2. 整備関係

    愛知運輸支局が電子車検証で窓口対策を継続

    自動車検査証の電子化が1月から始まり、運輸支局などの窓口混雑が続いてい…

  3. 整備関係

    愛車協・前期巡回健診に44社から220人が受診

    愛知県自動車車体整備協同組合(平岩晃一 理事長)は福利厚生事業の一環で…

  4. 整備関係

    愛知盗難防止恊が総会で啓発や防犯ネジ取付けなどの計画決める

    自動車関連盗難が依然として多発する中、自動車関係団体と警察、損保協会な…

  5. 整備関係

    CAA・斉藤啓太社長の就任インタビュー

    先の定時株主総会で大手企業系オークションのシー・エー・エー(C…

  6. 整備関係

    日整連が総会で竹林会長を再選、特定整備対応など報告

    日本自動車整備振興会連合会・同商工組合連合会(竹林武一会長)は…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP