中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部運輸局・警戒レベル4で車検場など業務中断

中部運輸局は災害時に、業務継続の可否判断の規定を一部改正し、販売・整備事業者などに周知を図っている。去る6月2日の豪雨における車検場などの対応を受けた措置。

(全文は整備新聞 令和5年7月10日号:1面に掲載)

日整連・整商連が総会で課題への対応、使命を強調前のページ

中部運輸局・技術安全部長に諸川慎治氏が就任次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知電装組合が1月20日に賛助会員含め年賀交歓会

    愛知県自動車電装品整備商工組合(平出晴久理事長)は令和5年1月20日午…

  2. 整備関係

    愛知で特定整備認証の看板お目見え

    新型コロナウイルスの感染拡大により、特定整備認証の取得ペースが…

  3. 整備関係

    特定整備施行1年、中部運輸局・林健一自動車技術安全部長特別インタビュー

    特定整備制度がスタートして1年、整備業界にとって目下の1番の課題は先進…

  4. 整備関係

    福井整振・総会で課題に対応し事業計画を推進

    福井県自動車整備振興会(田中森会長)は5月25日、福井県自治会…

  5. 整備関係

    整備関係

    新型肺炎で車検証の有効期間を伸長

    国土交通省は、新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため、自動車検査証…

  6. 整備関係

    DRP、SBI損保、JATTOが連携し、エーミング対応の全国ネットを構築

    先進安全自動車の修理に伴い、電子制御装置整備(エーミング)の対応が求め…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP