中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・西春日井支部が総会で時代の変化に対応し各種事業を推進

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の西春日井支部(天野正道支部長)はこのほど、書面による第31回通常総会を行い、交通安全活動や親睦事業を柱とした新年度事業計画などを決めた。新年度はコロナ禍の状況を見ながら、会員相互の連携を図り時代変化に対応した各種事業に取り組む。具体的には①定期点検促進・交通安全運動への協力②経営セミナーの開催③技術講習会の開催④親睦事業―などを打ち出している。

(整備新聞 令和4年8月10日号:3面に掲載)

愛整振・高浜支部が総会で無料点検や情報交換など計画前のページ

機械工具のイヤサカが洗車設備機器の内覧会で実演も次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・青年部会がブロック会で特定整備対応など審議

    愛整振青年部会(伊藤篤志部会長)の第2ブロックA班(横山陽一班…

  2. 整備関係

    愛知ダイハツが本社ステーションでカーシェア事業を開始

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は4月28日から、名古屋市中区の本…

  3. 整備関係

    名古屋高速のバス事故で運行管理点検整備の徹底

    8月22日に名古屋高速道路で発生した高速乗合バスの横転・炎上事故(2人…

  4. 整備関係

    中部の整備工場数、新規認証が再び増加

    7月に入り、中部地区で整備事業の新規認証が再び急増してきた。中部運輸局…

  5. 整備関係

    愛整振・支部主催で電子車検証の説明会を地元で開催

    来年一月から自動車検査証の電子化(軽自動車は令和6年1月)がス…

  6. 整備関係

    愛知で特定整備認証の看板お目見え

    新型コロナウイルスの感染拡大により、特定整備認証の取得ペースが…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP