中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

車検場で不当要求、昨年度も全国で70件発生

自動車技術総合機構は、令和3年度中に全国93カ所の事務所(車検場)で発生した職員に対する暴力行為、脅迫・威圧行為、強要行為などの不当要求行為の状況をまとめた。 それによると、不当要求行為の総件数は70件で、前年度から1件の微減となった。不当要求を行った受検者別内訳は、受検代行者が31件(44・3%)、ユーザー本人が26件(37・1%)、整備事業者が12件(17・1%)、その他が1件となっている。

(全文は整備新聞 令和4年8月25日号:4面に掲載)

 

東京オートサロンで出展33台に文書で注意喚起前のページ

中部の整備工場数、新規認証が再び増加次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    福井運輸支局、伊藤政信支局長の就任インタビュー

    4月1日付で中部運輸局福井運輸支局長に、前交通政策部次長の伊藤…

  2. 整備関係

    令和3年度・愛知の継続車検台数、登録車0・7%減、軽は2・4%増に

    継続車検市場が堅調に推移している。愛知県における令和3年度の継続検査台…

  3. 整備関係

    愛知部販協会長に石川量章氏が就任

    愛知県自動車部品販売協会は3月31日付で向井英夫会長が退任し後任の会長…

  4. 整備関係

    座席の乗員保護要件の強化など審査事務規定を改正

    自動車技術総合機構はこのほど、自動車検査関係などの審査事務規程の一部を…

  5. 整備関係

    ナンバープレート表示が10月から取り付け角度など新基準に

    この10月からナンバープレートの表示の位置や方法について、新基準の適用…

  6. 整備関係

    岐阜運輸支局、優良123事業場を表彰

    岐阜運輸支局(古橋靖弘支局長)は7月20日、岐阜市の整備振興会…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP