中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

バス・トラックの自動運転基準を策定

国土交通省は道路運送車両の保安基準の細目を定める告示の一部を改正し、バスやトラックの自動運転に対応した基準を策定した。発表によると、国際連合欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラムで「高速道路等における運行時に車両を車線内に保持する機能を有する自動運行装置に係る協定規則」の改正が合意され、対象車種が従来の乗用車などに加え、大型車などにまで拡大されたことを踏まえ、我が国においても同協定を保安基準に反映させたもの。公布・施行は6月22日。

(整備新聞 令和4年8月25日号:4面に掲載)

大阪・関西万博の特別仕様ナンバーを今秋から交付開始前のページ

チャイルドシート安全性評価結果を妊婦アプリ配信次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    スキャンツールの補助金の申請がわずか1日で受付終了に

    自動車整備事業者などを対象とした今年度の外部故障診断機(スキャンツール…

  2. 整備関係

    自動車機構・検査関係など審査事務規定を改定

    自動車技術総合機構は自動車検査、型式指定関係などの審査事務規程を一部改…

  3. 整備関係

    PRや人材育成など組合員の支援を積極化:横山隆仁・岐阜中販理事長

    ――昨年の中古車市場はいかがでしたか。横山理事長 昨年…

  4. 整備関係

    愛知部販協が総会で講演会など事業計画

    愛知県自動車部品販売協会(石川量章会長)は6月23日、名古屋市…

  5. 整備関係

    愛整振・小牧支部が点検教室開き実車で日常点検

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の小牧支部(舟橋和成 …

  6. 整備関係

    福井運輸支局が自動車整備や貨物輸送30事業場を表彰

    福井運輸支局は7月9日、貨物自動車運送事業での安全対策、自動車…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP