中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

バス・トラックの自動運転基準を策定

国土交通省は道路運送車両の保安基準の細目を定める告示の一部を改正し、バスやトラックの自動運転に対応した基準を策定した。発表によると、国際連合欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラムで「高速道路等における運行時に車両を車線内に保持する機能を有する自動運行装置に係る協定規則」の改正が合意され、対象車種が従来の乗用車などに加え、大型車などにまで拡大されたことを踏まえ、我が国においても同協定を保安基準に反映させたもの。公布・施行は6月22日。

(整備新聞 令和4年8月25日号:4面に掲載)

大阪・関西万博の特別仕様ナンバーを今秋から交付開始前のページ

チャイルドシート安全性評価結果を妊婦アプリ配信次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知人材確保連絡会、高校訪問など書面で活動を報告

    若い整備士の確保に向けて愛知県の運輸支局、自動車関係団体、整備士養成施…

  2. 整備関係

    愛整振が創立70周年記念誌を作成

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は「創立70周年記念誌」を作成し…

  3. 整備関係

    日整連が点検促進に活用するスローガン募集

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、毎年9月1日から…

  4. 整備関係

    自動車技術総合機構、柴田宗範中部検査部長・就任インタビュー

    4月1日付で、独立行政法人自動車技術総合機構中部検査部長に前岐…

  5. 整備関係

    愛知ダイハツが高齢者見守りで豊川市とも協力締結

    地域の安全を守る取り組みを進めている愛知ダイハツ(坪内孝暁社長…

  6. 整備関係

    ユーザー車検対策「STOP違法整備!!」

    国土交通省は今年度も、車検時に未認証事業者が整備作業を行った可能性のあ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP