中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

福井運輸支局、伊藤政信支局長の就任インタビュー

4月1日付で中部運輸局福井運輸支局長に、前交通政策部次長の伊藤政信氏(写真)が就任した。福井県は自家用乗用車の世帯当たり保有台数が全国一。公共交通の不便さなど交通問題は大きなテーマとなっており、自動車整備業界の役割は大きい。高度化する自動車技術への対応など課題は山積する。県内自動車市場の現状と課題などについて、伊藤新支局長に話をお聞きした。――はじめに、支局長ご就任の抱負からお聞かせ下さい。

伊藤支局長 福井県は、一世帯あたりの自動車の保有台数が全国一位であり、自動車は県民に不可欠の移動手段となっています。しかし、環境問題や高齢化などの問題に直面する現在の状況においては、安全で安心な車社会の実現に向けて自動車の利用のあり方を考えていかなければならないと考えています。

(全文は整備新聞 令和4年8月25日号:1面に掲載)

三重運輸支局、環境に優しい優良41事業場を表彰前のページ

日整連、技術の高度化や人材確保など現状と課題を説明次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    静岡整備政治連盟・総会開き活動方針、国会議員との懇談会開く

    整備業界にあって活発な政治活動を行っている静岡県自動車整備政治…

  2. 整備関係

    中部のビッグモーター3店舗が指定取消処分

    中部運輸局は10月24日、点検整備料金の過剰請求、車検に必要な検査の一…

  3. 整備関係

    静岡整振・理事会で情報システム部を新設など

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦 会長)は3月21日、静岡整振本部総合…

  4. 整備関係

    愛知電装組合が1月20日に賛助会員含め年賀交歓会

    愛知県自動車電装品整備商工組合(平出晴久理事長)は令和5年1月20日午…

  5. 整備関係

    電子制御整備認証の取得率は全国約10%で中部は20%超える

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備認証の取得が、全国的にも徐々に進ん…

  6. 整備関係

    新春放談:川村保憲愛整振会長~整備技術力を一層強化し使命果たす

    ――2023年がスタートしました。コロナ禍をはじめ、政治・経済…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP