中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知ダイハツが社員対象に2回目のフードドライブを実施

愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)、ADWホールディングスは、SDGs活動の一環として社員を対象に第二回目のフードドライブを実施、12月8日に岡崎市に社員が食品や日用品を持ち寄り寄贈した。(写真)フードドライブは、家庭にある手つかずの食品や日用品を持ち寄り、まとめて自治体やフードバンク活動団体などに寄付する活動で、家庭の食品ロス削減につながるとともに、食べ物が必要な人に届けることができる取り組み。同社のSDGs推進チーム(谷口由美子チームリーダー)が中心となり、今回は食品だけでなく日用品も対象に実施、活動には社員七十人が参加し、お米や麺類、レトルト食品、缶詰のほか、シャンプー・リンス、ボックスティッシュなどを持ち寄った。

(全文は整備新聞 令和5年1月10日号:12面に掲載)

愛車協理事会で役員改選への手順も説明前のページ

愛知ダイハツが地域の人たちと吉良ワイキキビーチを清掃次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    指定22Bが指定工場の動向テーマに研修会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の指定22ブロック(津…

  2. 整備関係

    愛知・新城支部が総会で街頭検査など計画、今泉新支部長を選出

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の新城支部(中嶌美明 支部長)…

  3. 整備関係

    愛知自動車会議所が総会で交通安全の取り組みなど強調

    愛知県自動車会議所(山口真史会長)は6月3日、名古屋市中区の名…

  4. 整備関係

    岐阜整振が理事会で総会の提出議案などを審議

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男 会長)は4月24日、同振興会…

  5. 整備関係

    三重商組が総代会で共同経済事業の一層の拡大を

    三重県自動車整備商工組合(竹林武一理事長)は6月8日、津駅前の…

  6. 整備関係

    JAF調査で後席シートベルト着用が一般道で42%

    日本自動車連盟(JAF)と警察庁が合同で、昨年10~12月に行った「シ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP