中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部の整備工場、4年連続で新規認証の増勢が続く

特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得が進み、中部地区における整備工場数は令和元年度から4年度まで4年連続で認証の新規が廃止を上回った。一方で廃止も高水準で続いており、とくに専業の後継者難や工員不足などの厳しい理由が表面化してきている。4年度は指定工場の新規が減少し、ディーラーの事業合理化による集約化で返納が増えた。中部運輸局がまとめた管内(5県)の認証・指定工場の新規・廃止状況によると、令和4年度は合計で認証の新規が256件と前年度より5件増加。廃止も微増で182件。この流れは4年間続いている。

(全文は整備新聞 令和5年5月25日号:1面に掲載)

岐阜整振が10月28日に整備技能競技大会前のページ

愛知・岡崎支部が整備技術向上やユーザー対策など計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知電装組合が1月20日に賛助会員含め年賀交歓会

    愛知県自動車電装品整備商工組合(平出晴久理事長)は令和5年1月20日午…

  2. 整備関係

    愛知の継続車検台数、登録車は2・4%減、軽自動車は0・8%増

    継続車検市場が堅調に推移している。愛知県における令和5年度の継続検査台…

  3. 整備関係

    岐阜整振・特定認証を指定工場の90%超が取得へ

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)の電子制御装置整備認証の取得率が…

  4. 整備関係

    愛知電装組合・理事会で次期理事長候補に平出氏

    愛知県自動車電装品整備商工組合(山本一也理事長)は3月15日、…

  5. 整備関係

    岐阜整振・高山西支部が中古車フェアの会場で点検PR

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男 会長)・飛騨ブロックの高山西…

  6. 整備関係

    三重運輸支局、46事業場を支局長表彰

    三重運輸支局は7月27日、津市の自動車整備振興会大教室で環境に…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP