中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

鈴鹿自動車組合が消防署で点検教室を開催46人が参加

鈴鹿自動車整備組合(平田靖典 理事長)は三重県自動車整備振興会(竹林武一 会長)と共催で10月28日、鈴鹿市消防本部・中央消防署でマイカー点検教室を開催した。今回は鈴鹿警察署、鈴鹿消防本部が協力、地域のユーザー46人が参加し、学科と実習で点検・整備の重要性などを学んだ。

(全文は整備新聞 令和5年11月25日号:2面に掲載)

省エネカー競技にJU岐阜が協賛、岐阜整振はレースに参戦前のページ

岐阜整振が児童画コンクール2023の表彰式を行う次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    鈴鹿整備組合・総会で青年部を組織統合、平田新理事長を選出

    鈴鹿自動車整備組合(田中淳一理事長)は5月14日、鈴鹿サーキッ…

  2. 整備関係

    自動車機構・検査関係など審査事務規定を改定

    自動車技術総合機構は自動車検査、型式指定関係などの審査事務規程を一部改…

  3. 整備関係

    ロータス愛知・今年も県内3カ所で「愛の献血」実施

    整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会愛知県支部(水野昌浩…

  4. 整備関係

    福井整振の商組、新技術対応や人材確保など計画

    福井県自動車整備振興会(田中森会長)と同整備商工組合(同理事長…

  5. 整備関係

    技術革新で新しいクルマ社会へ

    2023年がスタートした。3年に及んだコロナ禍から未だ抜け切れていない…

  6. 整備関係

    愛知運輸支局が電子車検証で窓口対策を継続

    自動車検査証の電子化が1月から始まり、運輸支局などの窓口混雑が続いてい…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP