中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

特集

 

特集

シリーズ特定整備:先進車両の安全追求強める中古車業会

中部の中古自動車業界では特定整備制度が4月から施行されることに伴い、中古自動車販売商工組合や企業系オートオークション会場などでは、衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)など先進安全技術の搭載された車両の検査や組合員に対する特定整備の説明会なども検討している。

(全文は整備新聞 令和2年3月25日号:1面に掲載)

整備関係特定整備開始へ各振興会が整備主任者資格取得講習など強化前のページ

JU岐阜AAが顔認証システムで受付スタート次のページ整備関係

関連記事

  1. 特集

    特集

    【特集】4月6~15日、春の交通安全運動を展開

    17年ぶりに交通事故死者数の全国ワーストワンの汚名を返上した愛知県だが…

  2. 特集

    特集

    シリーズ特定整備:新制度が命運分ける車体整備業界

    4月からスタートする特定整備制度の影響を最も大きく受けるのは車体整備業…

  3. 特集

    【特集】愛知で9月21日から秋の交通安全運動を展開

    愛知の事故死者数増加で再びワーストの危機今年も9月21日か…

  4. 特集

    特集

    シリーズ特定整備:依頼先で交換が大半のガラス業界

    特定整備制度が4月から施行されることに伴い、自動車ガラスの販売施工を行…

  5. 特集

    特集

    シリーズ特定整備:得意分野を活かす電装品整備業界

    自動車技術が高度化する中で、電気・電子分野を得意としながらも、なかなか…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お知らせ
PAGE TOP