中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重整振が理事会で技術研修や点検整備の促進など

三重県自動車整備振興会(竹林武一 会長)は3月6日、津市の振興会館で第169理事会を開いた。議題は令和2年度事業計画・収支予算、諸会議の日程予定など。令和2年度は、調査研究事業として自動車分解整備業の実態調査や整備需要等の動向調査を行うほか、本年4月から施行される特定整備関係への対応として、電子制御装置整備に関する整備主任者等資格取得講習、エーミング技術研修を計画している。

(全文は整備新聞 令和2年3月25日号:1面に掲載)

特集【特集】4月6~15日、春の交通安全運動を展開前のページ

愛知県自動車整備振興会岡崎支部・成瀬義男氏死去次のページお悔やみ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知の関係団体、自動車諸税の軽減を大村知事に要望

    自動車税制の負担軽減を求め、日本自動車連盟(JAF)愛知支部や…

  2. 整備関係

    山積する課題に対応:竹林武一・日整連会長

    新年あけましておめでとうございます。令和3年の新春を迎えるに当たり、所…

  3. 整備関係

    整備関係

    岐阜運輸支局が高校の出前講座で現役整備士の魅力発信

    岐阜運輸支局は2月13日、岐阜県立岐南工業高等学校で自動車整備人材の確…

  4. 整備関係

    中整連総会、事業計画など書面決議

    中部5県の自動車整備振興会、商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡協…

  5. 整備関係

    特定整備の取得、中部平均で全工場の10%に!

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得ペースが上がってきた。と…

  6. 整備関係

    整備売上高が4年連続でプラス成長

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)がまとめた令和2年度…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP