中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重整振が理事会で技術研修や点検整備の促進など

三重県自動車整備振興会(竹林武一 会長)は3月6日、津市の振興会館で第169理事会を開いた。議題は令和2年度事業計画・収支予算、諸会議の日程予定など。令和2年度は、調査研究事業として自動車分解整備業の実態調査や整備需要等の動向調査を行うほか、本年4月から施行される特定整備関係への対応として、電子制御装置整備に関する整備主任者等資格取得講習、エーミング技術研修を計画している。

(全文は整備新聞 令和2年3月25日号:1面に掲載)

特集【特集】4月6~15日、春の交通安全運動を展開前のページ

愛知県自動車整備振興会岡崎支部・成瀬義男氏死去次のページお悔やみ

関連記事

  1. 整備関係

    ロータス愛知支部・キャンペーンの表彰式と決起大会

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会愛知県支部(水…

  2. 整備関係

    整備関係

    岐南西支部が総会で事業計画を決め伊藤支部長を選出

    岐阜整振・岐阜南ブロック(熊澤英夫ブロック長)の岐南西支部(坂井田祐司…

  3. 整備関係

    愛知運輸支局が電子車検証で窓口対策を継続

    自動車検査証の電子化が1月から始まり、運輸支局などの窓口混雑が続いてい…

  4. 整備関係

    福井では3支部がマイカー点検教室を計画

    福井県自動車整備振興会(田中森会長)は10~11月、県内の3支部がマイ…

  5. 整備関係

    AIR名古屋支部が「生き残りのビジネスは」と講演会

    損保ジャパン日本興亜代理店の整備工場で組織するAIRオートクラ…

  6. 整備関係

    愛知ダイハツがキャンピングカーの製造・販売を開始

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は、愛知ダイハツキャンピングカー事業「AD…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP