中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

福井整振がコロナ対策で規模縮小し定時総会を開催

福井県自動車整備振興会(田中森会長)は5月22日、福井県自動車会館で第70回定時総会(写真)を開き、令和元年度事業報告及び決算報告を承認するとともに、整備技術の向上や点検整備促進などを骨子とした令和2年度事業計画を決めた。今回は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、規模を縮小して実施した。また、後日行った書面による理事会で、会長に田中森氏、副会長に中道正康氏、貝谷信雄氏、角谷明彦氏、山形俊樹氏、西部孝希氏の5氏、専務理事に巣守雅彦氏、常務理事に今城眞治氏を選出した。

(全文は整備新聞 令和2年6月10日号:1面に掲載)

整備関係自動車盗難 1件当たり被害額が増加前のページ

JU岐阜が総会で地域密着型で事業展開次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    自動車整備技能登録試験・1級実技試験の合格率は35%

    日本自動車整備振興会連合会(日整連)は、8月22日に実施した令和2年度…

  2. 整備関係

    コロナ禍でカー用品の売上げも年間2.7%減

    一昨年10月の消費税増税以降、新型コロナウイルス感染拡大の影響などで、…

  3. 整備関係

    点検整備推進運動・ポスターなどでOBD検査の広報も

    国土交通省と自動車関係団体は、今年も9~10月を強化月間に「自動車点検…

  4. 整備関係

    愛知電装組合、特定整備対応で組合員増加

    特定整備制度への対応に関連して、愛知県自動車電装品整備商工組合(山本一…

  5. 整備関係

    岐阜整振・小学生対象にクルマの児童画を募集中

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は8月1日か…

  6. 整備関係

    車検場での衝突や出火事故など受検者の事故が多発

    自動車検査場内における受検者の事故が後を絶たない。検査機器を壊すだけで…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP