中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中整連総会、事業計画など書面決議

中部5県の自動車整備振興会、商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡協議会(会長・坪内恊致致愛知県自動車整備振興会会長)は7月16日、第59回定期総会を開き、令和2年度事業計画などを決めるとともに、任期満了に伴う役員改選では坪内会長、竹林武一副会長をはじめ理事、幹事全員を再選した。今回は、新型コロナウイルス感染防止のため書面議決とした。

(全文は整備新聞 令和2年7月25日号:1面に掲載)

特定整備対応、中部5県で新認証取得が230件前のページ

岐阜整振、7月から入庫促進キャンペーンを展開次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知部品商組合、書面で総会を行い事業計画決める

    愛知県自動車部品商組合(五島秀明理事長)はこのほど、新型コロナウイルス…

  2. 整備関係

    愛知盗難防止協議会・ユーザー啓発強化などの活動計画決める

    自動車関連盗難が依然として多発する中、自動車関係団体と警察、損…

  3. 整備関係

    外国人技能実習試験で愛知の受験者数が全国1位

    全国の外国人技能実習生は、平成29年度は372人、30年度は7…

  4. 整備関係

    二輪の灯火器取付に国際基準を導入

    国土交通省は、二輪自動車の灯火器などの取り付けに関する国際基準を導入す…

  5. 整備関係

    愛整振・津島支部が役員会・懇親会で今後の事業を審議

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・津島支部(横井隆幸支部長)は1…

  6. 整備関係

    新点検基準が10月施行、OBD点検を記載

    今年10月から改正点検基準が施行され、新しい点検整備記録簿への記載が始…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP