中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

継続車検がコロナ禍で市場が乱高下

新型コロナウイルス感染拡大の影響が、継続車検市場にも表れている。今年度4~6月は例年に比べ、車検台数の増減幅が大きかった。コロナ禍で新車販売の大幅減少、車検期間の伸長措置など複合的な要因が指摘されている。ただ、3ヵ月間のトータルで見ると二年前を数%上回る水準を確保しており、需要の底堅さを示している。東海3県における継続車検台数の動きは、ほぼ同様の傾向にある。愛知で見ると、前年同月比で4月は登録車6・8%減、軽自動車7・4%減、5月は登録車14・5%減、軽自動車7・2%減、6月は登録車9・8%増、軽自動車16・4%増と、乱高下した。7月は登録車7・3%減、軽自動車4・0%減と、やや落ち着きを取り戻している。

(全文は整備新聞 令和2年8月25日号:1面に掲載)

保守管理意識を高め適切に~中部運輸局林健一技術安全部長前のページ

JAFがRS学習アプリを名古屋工学院専門学校生に制作依頼次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知で特定整備認証の看板お目見え

    新型コロナウイルスの感染拡大により、特定整備認証の取得ペースが…

  2. 整備関係

    中部の整備振興会、総会を規模縮小、異例の形で開催

    中部各県自動車整備振興会は今年度も5~6月、一斉に定時総会を開き、令和…

  3. 整備関係

    整備関係

    三重整振・商工組合がコロナ対策で理事会を書面で実施

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)と同商工組合(同理事長)はこのほ…

  4. 整備関係

    整備関係

    愛知の指定1Bが警察から講師を招き新春講演

    愛知県自動車整備振興会(坪内恊致会長)の指定第1ブロック(中・昭和・千…

  5. 整備関係

    整備関係

    中部の行政処分「原因はうっかりミス」など

    検査員の知識不足などにより、中部では令和元年度に整備事業者に対する厳し…

  6. 整備関係

    三重の未来を考える会がコロナ禍での活動など意見交換

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お知らせ
PAGE TOP