中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

継続車検がコロナ禍で市場が乱高下

新型コロナウイルス感染拡大の影響が、継続車検市場にも表れている。今年度4~6月は例年に比べ、車検台数の増減幅が大きかった。コロナ禍で新車販売の大幅減少、車検期間の伸長措置など複合的な要因が指摘されている。ただ、3ヵ月間のトータルで見ると二年前を数%上回る水準を確保しており、需要の底堅さを示している。東海3県における継続車検台数の動きは、ほぼ同様の傾向にある。愛知で見ると、前年同月比で4月は登録車6・8%減、軽自動車7・4%減、5月は登録車14・5%減、軽自動車7・2%減、6月は登録車9・8%増、軽自動車16・4%増と、乱高下した。7月は登録車7・3%減、軽自動車4・0%減と、やや落ち着きを取り戻している。

(全文は整備新聞 令和2年8月25日号:1面に掲載)

保守管理意識を高め適切に~中部運輸局林健一技術安全部長前のページ

JAFがRS学習アプリを名古屋工学院専門学校生に制作依頼次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    運輸支局などが年度末の混雑緩和に協力求める

    年度末の繁忙期を迎え、各県運輸支局と軽自動車検査協会は、自動車の検査・…

  2. 整備関係

    整備関係

    日整連「令和2年度のスローガン」決まる

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、マイカー点検キャ…

  3. 整備関係

    整備関係

    整備需要動向調査で景況感が大幅に悪化

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一 会長)はこのほど、第48…

  4. 整備関係

    整備関係

    日整連の実態調査で定期点検売り上げ3・4%増

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は平成31年度の自動…

  5. 整備関係

    USS名古屋がデジタル出品票の導入へ

    ユー・エス・エス(USS・瀬田大社長)は1月8日から、東海市の…

  6. 整備関係

    整備関係

    岐南西支部が総会で事業計画を決め伊藤支部長を選出

    岐阜整振・岐阜南ブロック(熊澤英夫ブロック長)の岐南西支部(坂井田祐司…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP