中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

JAFがRS学習アプリを名古屋工学院専門学校生に制作依頼

日本自動車連盟(JAF)中部本部(山口真史本部長)は7月27日、電波学園名古屋工学院専門学校(名古屋市熱田区、小川義則校長)と「ロードサービス学習システム制作に関する協定書」を締結し、学生の卒業制作テーマとして「JAFロードサービス学習アプリ」の制作を依頼した。締結式は名古屋工学院専門学校で実施、JAF中部本部の増尾努事務局長と小川校長が調印。この学習システムは、ロードサービス救援作業の知識・技術向上を目的に開発するアプリを使った学習ツールで、JAFでは初めて学生に開発を依頼する。全国のJAFでも初めての試みとなる。

(全文は整備新聞 令和2年8月25日号:2面に掲載)

継続車検がコロナ禍で市場が乱高下前のページ

中部圏の主要AA会場、コロナの影響で出品・成約とも大幅減次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    福井整振が専業部会・事業委員会の合同会議を開く

    福井県自動車整備振興会(田中森会長)は1月25日、福井県自動車…

  2. 整備関係

    新明工業・高校生対象にFCV専門講座

    燃料電池自動車(FCV)の整備も行う新明工業(本社・豊田市、佐…

  3. 整備関係

    整備売上高が5年ぶりに前年比減

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)がまとめた令和3年度…

  4. 整備関係

    JAF自動車税制アンケートでユーザーの98%が負担に感じる

    自動車に課せられる税金を負担に感じているユーザーは98%。その負担軽減…

  5. 整備関係

    愛知会議所・事故防止へ交通遺児の作品を展示

    愛知県自動車会議所(山口真史会長)は4月1日から6月末までの3…

  6. 整備関係

    特別企画:中部5県振興会・商工組合の会長・理事長が座談会

    自動車技術の急進展を背景に、整備業界も大変革期に入った。当面の課題は特…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP