中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

JAFがRS学習アプリを名古屋工学院専門学校生に制作依頼

日本自動車連盟(JAF)中部本部(山口真史本部長)は7月27日、電波学園名古屋工学院専門学校(名古屋市熱田区、小川義則校長)と「ロードサービス学習システム制作に関する協定書」を締結し、学生の卒業制作テーマとして「JAFロードサービス学習アプリ」の制作を依頼した。締結式は名古屋工学院専門学校で実施、JAF中部本部の増尾努事務局長と小川校長が調印。この学習システムは、ロードサービス救援作業の知識・技術向上を目的に開発するアプリを使った学習ツールで、JAFでは初めて学生に開発を依頼する。全国のJAFでも初めての試みとなる。

(全文は整備新聞 令和2年8月25日号:2面に掲載)

継続車検がコロナ禍で市場が乱高下前のページ

中部圏の主要AA会場、コロナの影響で出品・成約とも大幅減次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    二輪の灯火器取付に国際基準を導入

    国土交通省は、二輪自動車の灯火器などの取り付けに関する国際基準を導入す…

  2. 整備関係

    愛知ダイハツが豊田市の高齢者見守りで市内の4店舗が登録

    地域の安全を守る取り組みを進めている愛知ダイハツ(坪内孝暁社長…

  3. 整備関係

    日整連が点検促進に活用するスローガン募集

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、毎年9月1日から…

  4. 整備関係

    1月の登録実技試験平均合格率は55パーセント

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、1月17日に実施…

  5. 整備関係

    保安基準告示改正~自動運転に対応した検査を導入へ

    国土交通省は道路運送車両の保安基準の細目を定める告示を改正し、令和6年…

  6. 整備関係

    整備関係

    岐阜運輸支局が高校の出前講座で現役整備士の魅力発信

    岐阜運輸支局は2月13日、岐阜県立岐南工業高等学校で自動車整備人材の確…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP