中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備需要動向調査、売上・入庫DIが最低

日本自動車整備振興会連合会(竹林武一会長)はこのほど、第49回「整備需要等の動向調査」の結果をまとめた。今回の調査対象期間は今年1~6月で、総整備売上高・入庫台数DIは今期の状況、来期予想とも調査開始(平成8年)以来最低となり、コロナ禍の影響を大きく受ける結果となった。今期の総整備売上高DIと総入庫台数DIは、全ての業態で2期連続の悪化となり、いずれも調査開始以来最低となった。

(全文は整備新聞 令和2年9月25日号:2面に掲載)

故坪内恊致前愛整振会長が従四位受ける前のページ

愛知の中村支部、会員工場の防犯カメラ近くにポスター掲示次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    2020年の事故死者数、愛知は2年連続でワースト免れる

    昨年の愛知県の交通事故死者数は154人(150人)となり、前年…

  2. 特集

    【特集】愛知で9月21日から秋の交通安全運動を展開

    愛知の事故死者数増加で再びワーストの危機今年も9月21日か…

  3. 整備関係

    日整連・国交省に令和5年度の要望書を提出

    日本自動車整備振興会連合会(竹林武一会長)はこのほど、国土交通省自動車…

  4. 整備関係

    ~東三河の中核を目指して~愛知東部組合・伊藤友二理事長

    今年5月の通常総代会で、愛知県東部自動車整備協同組合の新理事長…

  5. 整備関係

    ロータス岐阜がサマーキャンペーンの目標必達を期す

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会岐阜県支部(可…

  6. 整備関係

    岐阜整振・理事会で事業・決算報告など

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は4月26日、同振興会本…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP