中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備需要動向調査、売上・入庫DIが最低

日本自動車整備振興会連合会(竹林武一会長)はこのほど、第49回「整備需要等の動向調査」の結果をまとめた。今回の調査対象期間は今年1~6月で、総整備売上高・入庫台数DIは今期の状況、来期予想とも調査開始(平成8年)以来最低となり、コロナ禍の影響を大きく受ける結果となった。今期の総整備売上高DIと総入庫台数DIは、全ての業態で2期連続の悪化となり、いずれも調査開始以来最低となった。

(全文は整備新聞 令和2年9月25日号:2面に掲載)

故坪内恊致前愛整振会長が従四位受ける前のページ

愛知の中村支部、会員工場の防犯カメラ近くにポスター掲示次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岡崎支部が県内のトップを切りマイカー無料点検を開始

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の岡崎支部(横山陽一支部…

  2. 整備関係

    愛整振・港支部が警察と連携し防犯ネジを取り付け

    動車関連盗難が後を絶たない中、愛整振の支部が地元警察と連携して…

  3. 整備関係

    中部運輸局管内の人事異動で3支局長が交代

    国土交通省は4月1日付の人事異動を発表した。中部運輸局関係で課長級以上…

  4. 整備関係

    岐阜商工が理事会開き事業計画などを審議

    岐阜県自動車整備商工組合(國枝功理事長)は第163回理事会(写…

  5. 整備関係

    整備関係

    今年度もバンパーやベルトなど産廃の集合回収を開始

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)・岐阜南ブロックの岐南西支部(伊…

  6. 整備関係

    特定整備対応、中部5県で新認証取得が230件

    特定整備制度に基づく新しい電子制御装置整備認証の取得に必要な整備主任者…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP