中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知ダイハツ東海店が高齢者対象に健康安全運転講座

愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は11月24日、同社東海店で東海市と共催、JAF愛知支部の協力による「健康安全運転講座」(写真)を開催した。この講座はダイハツグループCSR活動の一環で、高齢者の「いくつになっても自由に移動できる自立した生活」をサポートするため、健康を維持し、安全に長く車の運転を続けてもらうことを目的としており、同社では初めての試み。

(全文は整備新聞 令和2年12月10日号:2面に掲載)

愛知ダイハツ・高級感あふれる「りんくうシーサード店」開設前のページ

テュフ認証でクラシックカー修理に保険適用次のページ車体関係

関連記事

  1. 特集

    【特集】愛知で9月21日から秋の交通安全運動を展開

    愛知の事故死者数増加で再びワーストの危機今年も9月21日か…

  2. 整備関係

    愛知の昭和支部が書面総会で研修会など事業計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の昭和支部(早川裕司支部長)はこ…

  3. 整備関係

    電子制御整備認証の取得率は全国約10%で中部は20%超える

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備認証の取得が、全国的にも徐々に進ん…

  4. 整備関係

    岐阜整振・クルマの児童画コンクールの入選作品を審査

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は10月9日、整備振興会…

  5. 整備関係

    カー用品販売・コロナ禍の影響でタイヤなど大幅減

    新型コロナウイルスの感染拡大がカー用品市場にも影響を及ぼしていたが、徐…

  6. 整備関係

    岐阜整振が理事会で総会上程議案などを審議

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は第35回通常理事会(写…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP