中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

岐阜整振がクルマ児童画コンの応募833全作品を展示

岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は12月12、13日の2日間、岐阜市の「みんなの森・ぎふメディアコスモス」で県内の小学生を対象にした「GASPA・クルマの児童画コンクール2020」の作品展示会(写真=多くの来場者が展示作品を見学)を行い、今回応募のあった全作品833点を展示した。このコンクールは自動車の未来に向けて子供たちにクルマへの興味を持ってもらうことが目的。

(全文は整備新聞 令和3年1月25日号:2面に掲載)

愛整振・指定6Bが総会で研修事業などの計画を決める前のページ

コロナ感染対策で登録申請書添付書類の有効延長次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    新たな企画提案を:永谷敏行・CAA社長

    ――昨年のオークション実績はいかがでしたでしょうか。永…

  2. 整備関係

    整備需要動向調査で売り上げや入庫DIが改善

    コロナ禍で整備業界の景況感も昨年前半は大幅に悪化していたが、後半には徐…

  3. 整備関係

    中日本自動車短大が留学生含め299人が入学

    神野学園・中日本自動車短期大学(山田弘幸理事長・学長)は4月6…

  4. 整備関係

    日整連・竹林会長が整備業の夢胸に聖火リレー走る

    東京オリンピックの開催に向けて、三重県自動車整備振興会会長で日…

  5. 整備関係

    岐阜検査員会・大宮昌夫会長の就任インタビュー

    指定工場の検査員らで構成する岐阜県自動車検査員会は、指定整備の適正化や…

  6. 整備関係

    国交省が新技術の開発踏まえ新事業用自動車安全プラン

    国土交通省はこのほど、令和3年~7年度を計画期間とする「事業用自動車総…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP