中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

岐阜整振がクルマ児童画コンの応募833全作品を展示

岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は12月12、13日の2日間、岐阜市の「みんなの森・ぎふメディアコスモス」で県内の小学生を対象にした「GASPA・クルマの児童画コンクール2020」の作品展示会(写真=多くの来場者が展示作品を見学)を行い、今回応募のあった全作品833点を展示した。このコンクールは自動車の未来に向けて子供たちにクルマへの興味を持ってもらうことが目的。

(全文は整備新聞 令和3年1月25日号:2面に掲載)

愛整振・指定6Bが総会で研修事業などの計画を決める前のページ

コロナ感染対策で登録申請書添付書類の有効延長次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備主任者検査員研修・自主学習とり入れ新方式も

    新型コロナウイルスの感染拡大防止のため多人数での研修が困難にな…

  2. 整備関係

    愛整振・豊田支部と指定Bが合同役員会でコロナ禍の影響など事業報告

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の豊田支部(杉浦直人支部…

  3. 整備関係

    JU愛知が新春特別企画で初セリを盛り上げる

    愛知県中古自動車販売商工組合(JU愛知・兼松幸生理事長)は1月…

  4. 整備関係

    整備関係

    愛整振・指定委員会、特定整備の対応など協議

    愛知県自動車整備振興会は1月14日、愛知県自動車会館で第25回指定委員…

  5. 整備関係

    令和2年4~10月の新規認証は大半が従来の分解整備のみ

    今年4月から特定整備制度がスタートし、新規認証の動きが注目されたが、予…

  6. 整備関係

    自動運転技術に国際基準導入へ保安基準など改正

    国土交通省は自動運転技術に関する国際基準などを導入するため、道路運送車…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP