中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・整備賠償共済保険の加入促進に注力

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)では、会員が加入することができる「自動車整備業賠償共済保険」の加入促進に力を入れている。この共済保険は整備事業者が納車や引き取り、車検場への往復などの業務遂行中の事故は任意保険では保証されないことから、整備振興会では安心して整備業務を行うために保険への加入を促している。

全国に9万件以上ある整備工場のうち、約3万事業場が加入しており、愛整振では約5000会員のうち1078事業場(21・5%)が加入している。このうち認証工場は724事業場(67・2%)となっている。

最近は登録車や軽自動車の検査場内における受検者の事故が多く発生しており、とくに検査機器への衝突や前後の車両を巻き込む玉突き事故などでは高額な修理費用を受検者が負担する事例が増加している。こうした不慮の事故が発生した場合にも共済保険で弁償することができる。共済保険は整備振興会が窓口となっている。主な特徴としては団体契約により割安な保険料で加入することができるほか、整備ミスによる納車後の損害を補償するPL保険も付いている。

(全文は整備新聞 令和3年2月25日号:4面に掲載)

JATMA・タイヤの点検で不良率が34パーセント前のページ

コロナ禍でカー用品の売上げも年間2.7%減次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    三重自販協が書面総会を開き事業計画を決める

    自販連三重県支部(岩井純朗支部長)と三重自動車販売協会(同会長…

  2. 整備関係

    ロータス岐阜がWEB総会で可兒支部長選出し、事業計画など決める

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会岐阜県支部は5月24日…

  3. 整備関係

    三重・鈴鹿組合がコロナ感染予防で体温測定器を設置

    鈴鹿自動車整備組合(田中淳一理事長)はこのほど、コロナウイルス…

  4. 整備関係

    整備関係

    中部の整備業界から四日市の芝田氏が黄綬褒章

    令和二年度春の叙勲・褒章で、中部の整備業界(整備振興会会員)から三重県…

  5. 整備関係

    中部の特定整備認証、資格講習修了者が40%に

    今年度からスタートした特定整備制度に基づく電子制御装置整備認証の取得ペ…

  6. 整備関係

    三重整振の未来考える会が人材確保テーマにセミナー

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP