中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

高山自動車短大・新実習センターが完成、最新設備と教材充実

高山自動車短期大学(坂井歩学長)は2月27日、同校敷地内に最新設備を備えた新実習センターを竣工した。竣工式では坂井学長が挨拶した後、来賓挨拶では國島芳明高山市長の代理で西倉良介副市長、同大学後援会の星野真一会長の代理で永田幸市後援会監事が祝辞を述べた。次いで、教材(車両)を寄贈したトヨタモビリティ富山、トヨタカローラ富山、ネッツトヨタ富山、富山ダイハツ、日産自動車、いすゞ自動車販売、ケイエムコーポレーション、UDトラックス(エンジン)に感謝状を贈呈。その後、岐阜県自動車整備振興会の大宮昌夫副会長、高山市、高山商工会議所、同大学の理事長、学長らがテープカットを行った。実習センターは延べ床面積が四千平方㍍の二階建てで、全館冷暖房を完備しているほか、特定整備を可能にした最新の設備と自動運転搭載車両など最新の教材車両をラインナップしている。

(全文は整備新聞 令和3年3月25日号:2面に掲載)

愛知盗難防止協議会・ユーザー啓発強化などの活動計画決める前のページ

愛知ダイハツが豊田市の高齢者見守りで市内の4店舗が登録次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・一宮支部が会員と連携して研修会や親睦会など計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)一宮支部(住田正一支部長)はこの…

  2. 整備関係

    自動車会館の展示コーナーで特殊3団体の活動をアピール

    愛知県の自動車車体整備協同組合、自動車電装品整備商工組合、タイ…

  3. 整備関係

    車検場内での事故が1000万円を超える高額な弁償費にも

    登録車や軽自動車の検査場内における受検者の事故が多く発生している。検査…

  4. 整備関係

    整備・外国人技能実習制度、今年も受検者増が続く

    全国で外国人技能実習制度の活用が活発化している。日本自動車整備振興会連…

  5. 整備関係

    中部で初、愛知運輸支局で継続車検のOSS申請が自動出力機で交付

    継続検査OSS申請を行う利用者の利便性向上を目的に愛知運輸支局…

  6. 整備関係

    整備関係

    中部運輸局・「特定整備」の説明など積極化

    道路運送車両法改正に伴う特定整備制度などが実施されることから、中部運輸…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お悔やみ
PAGE TOP