中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

自動車機構・検査関係など審査事務規定を改定

自動車技術総合機構は自動車検査、型式指定関係などの審査事務規程を一部改正した。4月1日施行。検査などの関係では、道路運送車両の保安基準とその細目を定める告示の一部改正に伴い、①自動車の幅を測定する際に、安全運転支援のための検知装置などを含めない②オフセット前面衝突時の乗員保護に係る基準の適用範囲に、車両総重量2・5トンら3・5トン以下の乗用自動車を追加③側面衝突時の乗員保護に係る基準の適用範囲に、座席の高さにかかわらず適用。

(全文は整備新聞 令和3年4月25日号:4面に掲載)

燃費の良い乗用車ランキングを公表・普通車1位はヤリス前のページ

愛知の継続車検、登録車は前年比3・5%増次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    静岡商組が理事会で事業計画などを審議

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)は3月24日、静岡市駿河区…

  2. 整備関係

    中部運輸局・遠隔操作の自動運転許可

    中部運輸局が全国で初めて認可した遠隔型自動運転システムによる自動運転車…

  3. 整備関係

    整備主任者や検査員の課題学習(自主学習)がスタート

    コロナ禍で大勢が参加する研修・講習のあり方が課題となる中、国土交通省は…

  4. 整備関係

    JAFが自動車関係税のユーザーアンケート調査を行い98%が負担

    日本自動車連盟(JAF、藤井一裕会長)は今年も「自動車税制に関するアン…

  5. 整備関係

    整備関係

    JAF愛知支部「車内の熱中症」に注意呼びかけ!

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)では、春先から初夏に…

  6. 整備関係

    コロナ禍でカー用品の売上げも年間2.7%減

    一昨年10月の消費税増税以降、新型コロナウイルス感染拡大の影響などで、…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP