中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

松井・岐阜運輸支局長、就任インタビュー

4月1日付で、中部運輸局岐阜運輸支局長に前軽自動車検査協会愛知主管事務所長の松井雅人氏(写真)が就任した。岐阜県は山間地も多くマイカー依存が高いことから、自動車の安全確保は大きな課題であり、整備事業者に役割の重要性を訴える。近年は自動車技術の高度化が進む中で、安全を支える整備士の人材不足が大きな課題となっている。業界の安全確保の体制をいかに強めるか、行政側の課題も大きい。松井新支局長に県内自動車市場の現状と課題などをお聞きした。

――支局長ご就任の抱負をお聞かせください。

松井支局長 自動車は、国民生活、経済活動を支える必要不可欠な移動手段として使用されています。このような状況の中で、自動車の安全性の確保と公害の防止、環境の保全のためには、法令に基づく定期的な点検整備の実施により、故障などの不具合発生の未然防止が最も重要です。

(全文は整備新聞 令和3年5月10日号:1面に掲載)

岐阜商工が理事会開き事業計画などを審議前のページ

整備白書、業界の大多数が特定整備認証の意向次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜整振・特定認証を指定工場の90%超が取得へ

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)の電子制御装置整備認証の取得率が…

  2. 整備関係

    愛整振・中川支部は点検教室に地元ユーザーら400人が参加し熱気

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の中川支部(大矢英憲支部…

  3. 整備関係

    日整連・整備白書で人材不足対応など調査

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、令和4年度特定整…

  4. 整備関係

    愛整振・指定6B、会員ら20人参加しビール片手に親睦会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の指定第6ブロック(西…

  5. 整備関係

    電子制御整備認証、全国の取得率32%に

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得が、全国平均で昨年12月末…

  6. 整備関係

    高山自動車短大・新実習センターが完成、最新設備と教材充実

    高山自動車短期大学(坂井歩学長)は2月27日、同校敷地内に最新…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP