中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備白書、業界の大多数が特定整備認証の意向

日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、令和2年度版の自動車整備白書を発行した。 整備需要の見通しについて基盤となる自動車保有台数は、平成18年度まで一貫して上昇を続け7924万台となったが、その後、リーマンショックの影響で平成22年度に7866万台まで減少した。以降、エコカー補助金などの施策もあり、HV・軽自動車・コンパクトカーを中心とした新車販売が好調となり、再び保有台数は増加に転じ、令和元年度は8185万台となっていると経過を説明。

認証工場における電子制御装置整備認証の取得率は2・7%。指定工場における取得率は3・3%で、認証工場よりも0・6ポイント高い。業態別では、専・兼業とディーラーの取得率はいずれも2・8%、自家は0・4%となっている。「電子制御装置整備の認証を取得するか否か」を聞いたところ、認証工場は「申請済み」と「取得したい」が八割と多数、「取得しない」は一割程度。指定工場は「申請済み」と「取得したい」が九割超と大多数、「取得しない」のは少数だった。業態別の取得希望割合は認証・指定とも、ディーラーが専・兼業よりも高い。

(全文は整備新聞 令和3年5月10日号:3面に掲載)

松井・岐阜運輸支局長、就任インタビュー前のページ

愛知電装組合、理事会で総会上程議案など審議次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・支部が県内各地で防犯ネジの取り付けキャンペーン

    自動車関連盗難が後を絶たない中、今年度も愛知県自動車整備振興会…

  2. 整備関係

    未来を考える会が行政と意見交換に向けて内容確認

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長…

  3. 整備関係

    自動車の安全性能評価でスバル・レヴォーグが最高得点を獲得

    国土交通省は2020年度「自動車の安全性能の評価結果」を発表した。自動…

  4. 整備関係

    愛知電装整備商組が整備士講習など事業報告

    愛知県自動車電装品整備商工組合(平出晴久理事長)は10月11日…

  5. 整備関係

    整備関係

    コロナ対策で4回目の車検延長

    新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、政府の緊急事態宣言の実施機関…

  6. 整備関係

    国交省が規則改正しAI活用の完成検査の法令整備

    国土交通省は自動車型式指定規則と完成検査実施規程の一部を改正し、自働車…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP