中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知の江南支部が書面総会で研修会など事業計画

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の江南支部(大脇伸二支部長)は5月28日、書面による第30回通常総会を行い、新年度事業計画などを決めたほか役員改選で大脇支部長を再選した。今回の総会について大脇支部長は「総会の開催を予定していたが、愛知県に緊急事態宣言が発令されたため、書面決議に変更した」としてうえで、支部活動については「コロナ禍の影響もあり、世の中が大きく変化している中で、業界ではOBD車検、車検証の電子化、EV化への加速など、さまざまな課題への対応が求められている。コロナの状況を見ながら講習会やイベントなどの開催を計画していきたい」としている。

(全文は整備新聞 令和3年6月25日号:4面に掲載)

 

愛知の中川支部が総会で会員の交流や研修などを計画前のページ

愛知の豊田支部が指定ブロックと合同で定期総会を開催次のページ

関連記事

  1. 特集

    岐阜整振・第18回整備技能競技大会を開催、優勝は西濃Bの松岡・尾﨑選手

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は11月13日、岐阜市の…

  2. 整備関係

    車輪脱落防止へ新点検方法導入

    近年、大型車の車輪脱落事故件数が増加していることを踏まえ、国土交通省は…

  3. 整備関係

    豊川支部がスーパー駐車場で防犯ネジ取付け

    自動車関連盗難が後を絶たない中で、愛知県自動車整備振興会(川村…

  4. 整備関係

    電子制御装置整備、中部で取得率50%超える

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得率が、3月末現在で中部では…

  5. 整備関係

    ロータス岐阜・Zoomで春のキャンペーン決起大会

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会岐阜県支部(可兒英樹支…

  6. 整備関係

    中部の整備工場数が12月も新規認証の増加続く

    電子制御装置整備の認証取得が進む中で、中部でも認証の新規が廃止を大幅に…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP