中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知の江南支部が書面総会で研修会など事業計画

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の江南支部(大脇伸二支部長)は5月28日、書面による第30回通常総会を行い、新年度事業計画などを決めたほか役員改選で大脇支部長を再選した。今回の総会について大脇支部長は「総会の開催を予定していたが、愛知県に緊急事態宣言が発令されたため、書面決議に変更した」としてうえで、支部活動については「コロナ禍の影響もあり、世の中が大きく変化している中で、業界ではOBD車検、車検証の電子化、EV化への加速など、さまざまな課題への対応が求められている。コロナの状況を見ながら講習会やイベントなどの開催を計画していきたい」としている。

(全文は整備新聞 令和3年6月25日号:4面に掲載)

 

愛知の中川支部が総会で会員の交流や研修などを計画前のページ

愛知の豊田支部が指定ブロックと合同で定期総会を開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中日本自動車短大が留学生含め299人が入学

    神野学園・中日本自動車短期大学(山田弘幸理事長・学長)は4月6…

  2. 整備関係

    三重整振、総会で人材育成などを強調

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は6月22日、津駅前のホ…

  3. 整備関係

    整備需要動向調査で売り上げや入庫DIが改善

    コロナ禍で整備業界の景況感も昨年前半は大幅に悪化していたが、後半には徐…

  4. 整備関係

    愛知の豊川支部、ドライブスルー方式で防犯ネジの取り付け

    自動車関連盗難が増加している中で、愛知県自動車整備振興会・豊川…

  5. 整備関係

    整備需要動向調査、売上・入庫DIが最低

    日本自動車整備振興会連合会(竹林武一会長)はこのほど、第49回「整備需…

  6. 整備関係

    愛整振が今年も入庫促進キャンペーンを展開

    愛知県自動車整備振興会は今年も9月1日から、入庫促進などを目的に会員事…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP