中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

日整連が児童を対象にしたクルマのシールブックを作成

日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)はこのほど、自動車整備士の人材確保対策の一環で小学生低学年以下の児童を対象にシールを活用した「とびだす!くるまのせいびしシールブック」(写真)を作成し、全国の整備振興会で販売を開始した。

(全文は整備新聞 令和3年10月25日号:1面に掲載)

 

岐阜整振、今年も「クルマの児童画コン」審査を実施前のページ

三重・未来を考える会がコロナ対応やOBD検査など情報交換次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振、人材確保の取り組み事例を動画で配信

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)はこのほど、人材確保の取り組み事…

  2. 整備関係

    岐阜検査員会・総会でコンプライアンスの徹底など事業計画

    岐阜県内指定整備工場の自動車検査員で構成する岐阜県自動車検査員…

  3. 整備関係

    愛整振・南支部が会員の交流や地域密着の活動を展開

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)南支部(村田全弘支部長)はこのほ…

  4. 整備関係

    JU岐阜AA・全国リレーAAに協力、目標上回る出品5480台

    JU岐阜羽島オートオークション(JU岐阜・熊﨑尚樹社長)は10…

  5. 整備関係

    整備関係

    三重整振の未来を考える会が運輸支局長らと意見交換

    業界で世代交代が進む中で三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は2月2…

  6. 整備関係

    車社会、一層の進展へ:山口真史・愛知会議所会長

    新年あけましておめでとうございます。令和4年の新春を迎え、ここに謹んで…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP