中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

電子制御整備認証が中部で取得率45%超える

特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が、中部地区では全国平均を大きく上回るペースで進み、整備事業者数の半数に近づきつつある。とくに、新点検基準が施行されたこともあって、指定工場の8割が取得した。中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)の集計によると、昨年11月末現在の電子制御装置整備の認証取得は5県合計で5755工場となり、振興会会員(1万2631工場)の45・6%となった。このうち指定工場で3611工場(会員の77・9%)、認証工場で2144工場(同26・8%)が取得した。

(全文は整備新聞 令和4年1月10日号:12面に掲載)

愛整振・豊田支部と指定Bが合同理事会と検査員会開く前のページ

国土交通大臣表彰で中部の整備業界から12氏次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中部運輸局管内の人事異動で3支局長が交代

    国土交通省は4月1日付の人事異動を発表した。中部運輸局関係で課長級以上…

  2. 整備関係

    スキャンツールの補助金の申請がわずか1日で受付終了に

    自動車整備事業者などを対象とした今年度の外部故障診断機(スキャンツール…

  3. 整備関係

    中部5県でOBD検査のプレテストを実施、約250事業者が参加

    自動車技術が高度化する中で、自動車技術総合機構は2024年10…

  4. 整備関係

    コロナで点検キャンペーンのイベント大半が中止に

    今年度の全国一斉マイカー点検キャンペーンは、コロナ禍により「点…

  5. 整備関係

    自動車整備の外国人技能実習制度、コロナ禍で受験者数半減

    全国で外国人技能実習制度の活用が活発化している。日本自動車整備振興会連…

  6. 整備関係

    愛知会議所・事故防止へ交通遺児の作品を展示

    愛知県自動車会議所(山口真史会長)は4月1日から6月末までの3…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP