中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部の整備業界から四日市の芝田氏が黄綬褒章

令和二年度春の叙勲・褒章で、中部の整備業界(整備振興会会員)から三重県の芝田尚輝氏(大宝モータース、四日市市、78歳)が黄綬褒章を受章した。同氏は、昭和35年に実父の経営する大宝モータースに入社。整備業務に精励するとともに各種自動車整備士資格を取得、昭和45年から整備主任者として自動車の安全確保に努める。

(全文は整備新聞 令和2年5月25日号:1面に掲載)

整備関係中部の整備工場・4年ぶりに新規が上回る前のページ

【特集】 今年も6月「不正改造車を排除する運動」次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    車検場での衝突や出火事故など受検者の事故が多発

    自動車検査場内における受検者の事故が後を絶たない。検査機器を壊すだけで…

  2. 整備関係

    岐阜検査員会が幹事会で令和3年度事業など審議

    県内指定整備工場の自動車検査員で構成する岐阜県自動車検査員会(…

  3. 整備関係

    保安基準告示改正~自動運転に対応した検査を導入へ

    国土交通省は道路運送車両の保安基準の細目を定める告示を改正し、令和6年…

  4. 整備関係

    愛整振・高浜支部が総会で無料点検や情報交換など計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の高浜支部(神谷則喜支部長)はこ…

  5. 整備関係

    愛知人材確保連絡会と愛知支局が新明工業に感謝状を贈呈

    「愛知自動車整備人材確保・育成連絡会」は9月17日、愛整振小牧…

  6. 整備関係

    10月から新規・継続の検査手数料が1台当たり一律400円追加される

    OBD点検、OBD検査の実施に伴い、今年10月1日から自動車の検査の際…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP