中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部の整備業界から四日市の芝田氏が黄綬褒章

令和二年度春の叙勲・褒章で、中部の整備業界(整備振興会会員)から三重県の芝田尚輝氏(大宝モータース、四日市市、78歳)が黄綬褒章を受章した。同氏は、昭和35年に実父の経営する大宝モータースに入社。整備業務に精励するとともに各種自動車整備士資格を取得、昭和45年から整備主任者として自動車の安全確保に努める。

(全文は整備新聞 令和2年5月25日号:1面に掲載)

整備関係中部の整備工場・4年ぶりに新規が上回る前のページ

【特集】 今年も6月「不正改造車を排除する運動」次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    自動運転技術に国際基準導入へ保安基準など改正

    国土交通省は自動運転技術に関する国際基準などを導入するため、道路運送車…

  2. 整備関係

    福井整振・商工組合が理事会で事業計画や予算案など審議

    福井県自動車整備振興会(田中森会長)と同商工組合(同理事長)は…

  3. 整備関係

    JAFが自動車関係税のユーザーアンケート調査を行い98%が負担

    日本自動車連盟(JAF、藤井一裕会長)は今年も「自動車税制に関するアン…

  4. 整備関係

    車検証の電子化で振興会事務局対象に説明

    来年1月から自動車検査証の電子化がスタートすることから、中部運…

  5. 整備関係

    愛整振・指定22Bが例会と懇親会開き会員の交流深める

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・指定22ブロック(津島地区=本…

  6. 整備関係

    JU岐阜AAが新春初荷第1、2弾で楽しい商品を進呈

    JU岐阜羽島オートオークション(熊﨑尚樹社長)は一月九日、羽島…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP