中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

車社会、一層の進展へ:山口真史・愛知会議所会長

新年あけましておめでとうございます。令和4年の新春を迎え、ここに謹んで新年のお喜びを申し上げます。平素は、当会議所の運営につきまして、格別のご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。自動車産業関連では、半導体不足の影響はやや和らいだものの、東南アジア地域における車関連部品の調達難による、各メーカーでの生産調整の影響が懸念されています。こうした中、政府は経済社会活動の正常化に向け、『コロナ克服・新時代開拓のための経済対策』と命名した大型経済対策を打ち出しました。各種政策の効果により、雇用・所得環境の改善が図られ、景気がコロナ前の水準に回復してゆくことを望んでいます。現在、自動車業界は歴史的変革期を迎えており、業界全体として「CASE」や「MaaS」の取り組みが行われています。

当会議所は、今年も自動車検査登録関係業務を適正に遂行するとともに、各種の公益活動に取り組んでまいります。主たる業務でありますナンバープレートの交付につきましては、東京2020オリンピック・パラリンピックナンバーの申し込みは昨年9月で終了し、今後は、新たな全国版図柄入りナンバープレートの交付に向けた取り組みを進めております。ご当地ナンバーを含めナンバープレートは、地域振興や観光振興の役割も担う重要なアイテムとなっていますので、今後とも国や関係団体と連携を密にしながら、より一層、適正な業務の遂行に努めてまいります。

(全文は整備新聞 令和4年1月10日号:4面に掲載)

経営の安定的発展を:小栗一朗・愛知販売店協会会長前のページ

業界の持続的繁栄へ:田中森・福井整振会長次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    静岡整振が理事会で整備技術向上や人材確保など事業計画を審議

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は3月24日、静岡整振本…

  2. 整備関係

    軽自動車検査協会・ペダル踏み間違え多発

    軽自動車検査協会の全国の検査場で、受検者の構内事故が後を絶たない。検査…

  3. 整備関係

    整備需要動向調査で売上・入庫DI改善、コロナ禍の影響薄れる

    コロナ禍の影響などで悪化が続いていた総整備売上高・総入庫台数DIや景況…

  4. 整備関係

    新制度への対応など:竹林武一・日整連会長

    新年あけましておめでとうございます。令和4年の新春を迎えるに当たり、所…

  5. 整備関係

    岐阜検査員会が幹事会開き令和5年度計画など検討

    県内指定整備工場の自動車検査員で構成する岐阜県自動車検査員会(…

  6. 整備関係

    愛知指定研・例会と忘年会を開催

    愛知県内の有力指定整備工場で構成する愛知県自動車指定研究会(奥…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP