中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

国交省が大雪時の大型車立ち往生に注意を呼びかけ

国土苦痛省は、この冬も大雪時の大型車立ち往生防止対策を実施、運送事業者や自動車使用者、荷主に対し注意を呼びかけている。自動車ユーザーに対しては、①積雪・凍結路では必ず適切な冬用タイヤを装着する②運行前に冬用タイヤの溝深さが新品時の50%以上残っていることを「プラットホーム」で確認する③チェーンの携行、立ち往生する前の早めに装着する。

(全文は整備新聞 令和4年1月25日号:3面に掲載)

国交省が規則改正しAI活用の完成検査の法令整備前のページ

愛知・指定研究会が役員会で来年度の事業計画などを討議次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜整振がイベントに参画し子供たちを対象に仕事体験イベントを実施

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は8月21、22の両日、…

  2. 整備関係

    愛知の刈谷支部が総会で技術研修など活動再開めざし

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の刈谷支部(野村昇司支部長)はこ…

  3. 整備関係

    国交省がペダル踏み間違い後付けの2装置を認定

    国土交通省は7月1日付で、後付けのペダル踏み間違い急発進等抑制装置につ…

  4. 整備関係

    国土交通大臣表彰で中部の整備業界から12氏

    国土交通省は12月9日、令和3年度の自動車関係功労者に対する大臣表彰を…

  5. 整備関係

    蒲郡市・東海自動車が中2生徒に整備士の仕事内容を説明

    地元の中学生に整備士の仕事の重要性や楽しさを伝えようと、指定工…

  6. 整備関係

    愛整振・安城支部が総会で技術向上や経営安定化など研修会を計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・安城支部(鈴木三喜男支部長)は…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP