中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

国交省が大雪時の大型車立ち往生に注意を呼びかけ

国土苦痛省は、この冬も大雪時の大型車立ち往生防止対策を実施、運送事業者や自動車使用者、荷主に対し注意を呼びかけている。自動車ユーザーに対しては、①積雪・凍結路では必ず適切な冬用タイヤを装着する②運行前に冬用タイヤの溝深さが新品時の50%以上残っていることを「プラットホーム」で確認する③チェーンの携行、立ち往生する前の早めに装着する。

(全文は整備新聞 令和4年1月25日号:3面に掲載)

国交省が規則改正しAI活用の完成検査の法令整備前のページ

愛知・指定研究会が役員会で来年度の事業計画などを討議次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・春日井支部が秋の交通安全運動期間中にシートベルト着用PR

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の春日井支部(栗林實 …

  2. 整備関係

    特定整備・時代へアプローチ「JSK春日井サービスセンター」

    指定工場の春日井自動車販売整備協同組合(JSK春日井・永田喜代…

  3. 整備関係

    愛知電装組合・理事会で次期理事長候補に平出氏

    愛知県自動車電装品整備商工組合(山本一也理事長)は3月15日、…

  4. 整備関係

    JAF自動車税制アンケートでユーザーの98%が負担に感じる

    自動車に課せられる税金を負担に感じているユーザーは98%。その負担軽減…

  5. 整備関係

    整備売上高が4年連続でプラス成長

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)がまとめた令和2年度…

  6. 整備関係

    三重整振・理事会で上半期の報告や点検キャンペーンの対応など

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は10月1日、津市の振興…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP