中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

電子制御整備認証、全国の取得率32%に

特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得が、全国平均で昨年12月末現在、既存事業場の約32%となった。県別では10%台から50%台まで開きも大きく、取得状況は予想より遅いとの指摘もある。既存事業者の猶予期間が後半に差しかかり、改めて各県整備振興会の対応強化が求められる。

(全文は整備新聞 令和4年2月25日号:2面に掲載)

愛知自販協、総会で令和4年度の事業計画きめる前のページ

愛整振の支部長会で今年度キャンペの抽選行う次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    自動車会館の展示コーナーで特殊3団体の活動をアピール

    愛知県の自動車車体整備協同組合、自動車電装品整備商工組合、タイ…

  2. 整備関係

    岡崎支部が県内のトップを切りマイカー無料点検を開始

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の岡崎支部(横山陽一支部…

  3. 整備関係

    高山西支部5班が飛騨検査登録事務所周辺道路を清掃

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)飛騨ブロック・高山西支部…

  4. 整備関係

    エイニーズガレージ・エーミング専門工場に月80台ペースで入庫

    特定整備の電子制御装置整備の認証を取得しているエイニーズガレー…

  5. 整備関係

    岐阜整振が「キッズタウンぎふ」に参画し子供たちに整備士をPR

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は8月27~28日、岐阜…

  6. 整備関係

    コロナ禍でカー用品の売上げも年間2.7%減

    一昨年10月の消費税増税以降、新型コロナウイルス感染拡大の影響などで、…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP