中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知自販協、総会で令和4年度の事業計画きめる

愛知県自動車販売店協会(小栗一朗会長)は第62回、自販連愛知県支部(同支部長)は令和4年の定時総会を開き、ディーラー経営の安定的発展や代行センター業務の推進などを重点とした令和4年事業計画を決めた。事業計画では、基本方針として「コロナ禍やカーボンニュートラルの実現に向けた諸動向をはじめとする経済社会環境の急速な変化に対応し、会員企業の更なる発展と安定を目指す」としている。

(全文は整備新聞 令和4年2月25日号:2面に掲載)

 

三重自販協、総会で岩井支部長・会長を再選前のページ

電子制御整備認証、全国の取得率32%に次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    特定整備を取得!丸幸自動車インタビュー

    指定工場の丸幸自動車(愛西市)=写真=は1月、「電子制御装置整…

  2. 整備関係

    静岡整振・理事会でディーラー理事の定員数を増員

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は10月21日、静岡市駿…

  3. 整備関係

    令和2年4~10月の新規認証は大半が従来の分解整備のみ

    今年4月から特定整備制度がスタートし、新規認証の動きが注目されたが、予…

  4. 整備関係

    愛整振・中村支部は総会で会員の経営強化や点検教室など

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)中村支部(加藤博久支部長)はこの…

  5. 整備関係

    愛知の豊橋支部がフードバンクにカップ麺を寄贈

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の豊橋支部(村田旬一郎支…

  6. 整備関係

    整備関係

    コロナ対策で4回目の車検延長

    新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、政府の緊急事態宣言の実施機関…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP