中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知自販協、総会で令和4年度の事業計画きめる

愛知県自動車販売店協会(小栗一朗会長)は第62回、自販連愛知県支部(同支部長)は令和4年の定時総会を開き、ディーラー経営の安定的発展や代行センター業務の推進などを重点とした令和4年事業計画を決めた。事業計画では、基本方針として「コロナ禍やカーボンニュートラルの実現に向けた諸動向をはじめとする経済社会環境の急速な変化に対応し、会員企業の更なる発展と安定を目指す」としている。

(全文は整備新聞 令和4年2月25日号:2面に掲載)

 

三重自販協、総会で岩井支部長・会長を再選前のページ

電子制御整備認証、全国の取得率32%に次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    日整連・竹林会長が整備業の夢胸に聖火リレー走る

    東京オリンピックの開催に向けて、三重県自動車整備振興会会長で日…

  2. 整備関係

    保障法の改正、自賠責の一部で事故被害者支援

    自動車事故による被害者の保護を増進するため、自動車損害賠償責任保険(自…

  3. 整備関係

    JAF愛知支部が高速道路SAで交通安全イベント

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は4月6日、…

  4. 整備関係

    愛整振・豊川支部が自動車技術の動向などで研修会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・豊川支部(近田清隆支部…

  5. 整備関係

    レベル4自動運転の社会実装に向けプロジェクトの工程表など作製

    国土交通省と経済産業省が設置した自動走行ビジネス検討会はこのほど、レベ…

  6. 整備関係

    ロータス岐阜・秋のキャンペーン決起大会を開催

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会岐阜県支部(可…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP