中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・指定6Bがインボイス制度などで経営セミナー

愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の指定第6ブロック(西・中村地区=大森英雄ブロック長)は5月30日、名古屋市中区のホテル名古屋ガーデンパレスで経営セミナー(写真)を開催。今回はブロードリーフ営業本部クラウド戦略推進部セールスプロモーション課の中本万里江さんを講師に「インボイス制度と電子帳簿保存法の対応」について研修した。

(全文は整備新聞 令和5年7月10日号:2面に掲載)

愛整振・江南支部が技術向上など計画、丹羽新支部長を選出前のページ

愛知電装組合・技術向上へエーミング講習を開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中部の整備工場数、11月の新規認証が依然高水準~半年間連続で増

    特定整備制度のもとで、中部地区の整備業界では認証の新規が高水準で続いて…

  2. 整備関係

    軽も新車OSS開始:田中秀一・軽検協愛知主管長

    新年明けましておめでとうございます。令和5年の新春を迎え、心からお慶び…

  3. 整備関係

    愛整振・指定4Bが総会で服部新ブロック長を選出

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)指定第4ブロック(熱田・中川地…

  4. 整備関係

    三重整振・竹林武一会長:業界の振興発展など

    新年あけましておめでとうございます。令和6年の新年を迎えるに当たり、年…

  5. 整備関係

    USS名古屋がデジタル出品票の導入へ

    ユー・エス・エス(USS・瀬田大社長)は1月8日から、東海市の…

  6. 整備関係

    大型車・車輪脱落の事故防止対策を強化

    大型車の車輪脱落事故が増加していることから、国土交通省は、「大型車の車…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP