中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

継続検査OSSの利用、1月実績・愛知で登録車は58%

来年1月から電子車検証がスタートするのに伴い、指定整備事業者による継続検査OSSの動向が注目されている。電子車検証の有効期間などの記録は、国から委託された記録等事務代行者の指定整備事業者がOSS申請の業務を通じて書き換えを行うことから、利用がなかなか伸びていかなかった継続検査OSSが、今年後半から来年には利用促進に拍車がかかるものと見られる。

継続検査OSSは2018年から本格実施が始まった。4年経過したところだが、継続車検台数に対する利用実績はまだ約半数にとどまっている。関係機関によると、登録車では年間の継続車検約1,600万台のうち、OSS申請したのは2018年度が16%、19年度が32%、20年度が44%、21年度見込みも45%。1年後からスタートした軽自動車の継続検査OSSも、年間の継続車検約800万台のうち、OSS申請は2019年度が15%、20年度が35%、21年度も41%となっている。

直近の今年1月実績で、中部5県のOSS利用率は登録車の場合、愛知が58%、静岡が62%、岐阜が69%、三重が59%、福井が58%。軽自動車は愛知が49%、静岡が57%、岐阜が59%、三重が54%、福井が49%と、全国平均をやや上回るところにある。

(全文は整備新聞 令和4年3月25日号:1面に掲載)

未来考える会、行政と意見交換会を開催前のページ

静岡整政連が理事会で盟国会議員との懇談会や陳情など活動方針を審議次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    前田明均・軽検協愛知主管事務所長の就任インタビュー

    4月1日付で、軽自動車検査協会愛知主管事務所長に前愛知運輸支局…

  2. 整備関係

    イヤサカ名古屋支店、岐阜で足回り機器の内覧会を開催

    大手機械工具商社イヤサカ(斎藤智義社長)の名古屋支店(高津勇二…

  3. 整備関係

    岐阜検査員会と運輸局・OBD検査で意見交換会を開催

    中部運輸局自動車技術安全部は12月6日、岐阜市のホテルグランヴ…

  4. 整備関係

    国土交通省・ダイハツ工業の立入検査の結果など公表

    国土交通省は1月16日、ダイハツ工業に対して立入検査を行った結果につい…

  5. 整備関係

    電子制御装置整備で新規の専門認証が増加

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が進む中で、とくに今年度…

  6. 整備関係

    岐阜検査員会・飛騨ブロックが新年会を開催しOBD検査を研修

    岐阜県自動車検査員会の飛騨ブロック(大宮昌夫 会長)は1月21…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP