中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

タイヤのパンク修理など空気充填作業に注意

日本自動車タイヤ協会(JATMA,東正浩会長)はこのほど、タイヤの空気充てん作業時の事故調査結果をまとめた。

2021年中の事故は24件だった。人的被害は重軽傷が6件(6人)、物的被害のみが3件、被害なしが15件だった。事故内容で、安全囲いなどを使用していなかったケースは12件で、全体の半数を占めた。人的被害のあった事故では全て安全囲いなどを使用していなかった。過去3年の事故件数を見ると、2019年が33件、20年が38件、人的被害の死亡は19年が1件、20年が2件と、増加傾向から21年は減少したが、依然として多くの事故が発生している。

(全文は整備新聞 令和4年3月25日号:3面に掲載)

保障法の改正、自賠責の一部で事故被害者支援前のページ

JAF調査で後席シートベルト着用が一般道で42%次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備主任者検査員研修・自主学習とり入れ新方式も

    新型コロナウイルスの感染拡大防止のため多人数での研修が困難にな…

  2. 整備関係

    愛整振・西尾支部が新点検基準などテーマに研修会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の西尾支部(木下卓住支部…

  3. 整備関係

    愛知ダイハツが本社ステーションでカーシェア事業を開始

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は4月28日から、名古屋市中区の本…

  4. 整備関係

    愛知部販協・総会で石川新会長選出し運営面を見直し効率化

    愛知県自動車部品販売協会(向井英夫会長)はこのほど、新型コロナウイルス…

  5. 整備関係

    愛知自動車会議所が総会で交通安全の取り組みなど強調

    愛知県自動車会議所(山口真史会長)は6月3日、名古屋市中区の名…

  6. 整備関係

    静岡整振、70周年記念式典開き講演会やアトラクションなど

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)が今年で設立70周年を迎…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP