中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

タイヤのパンク修理など空気充填作業に注意

日本自動車タイヤ協会(JATMA,東正浩会長)はこのほど、タイヤの空気充てん作業時の事故調査結果をまとめた。

2021年中の事故は24件だった。人的被害は重軽傷が6件(6人)、物的被害のみが3件、被害なしが15件だった。事故内容で、安全囲いなどを使用していなかったケースは12件で、全体の半数を占めた。人的被害のあった事故では全て安全囲いなどを使用していなかった。過去3年の事故件数を見ると、2019年が33件、20年が38件、人的被害の死亡は19年が1件、20年が2件と、増加傾向から21年は減少したが、依然として多くの事故が発生している。

(全文は整備新聞 令和4年3月25日号:3面に掲載)

保障法の改正、自賠責の一部で事故被害者支援前のページ

JAF調査で後席シートベルト着用が一般道で42%次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    日整連・競技大会を1年延期

    日本自動車整備振興会連合会(竹林武一会長)は9月9日の理事会で、令…

  2. 整備関係

    三重整振が理事会で来年度の事業計画など審議

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は3月3日、津市の振興会…

  3. 整備関係

    岐阜整振・公用車に「てんけんくん」をラッピング!イベントなどで点検アピール

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)はこのほど、公用車の車体…

  4. 整備関係

    福井整備商工・総代会、振興会とも連携ICT化推進

    福井県自動車整備商工組合(田中森理事長)は5月25日、福井県自…

  5. 整備関係

    二輪の灯火器取付に国際基準を導入

    国土交通省は、二輪自動車の灯火器などの取り付けに関する国際基準を導入す…

  6. 整備関係

    JU岐阜AAが新春初荷第1、2弾で楽しい商品を進呈

    JU岐阜羽島オートオークション(熊﨑尚樹社長)は一月九日、羽島…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP