中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振、理事会で「三河教育センター」と名称決定

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は第20回理事会で、令和4年度に建設する三河地区教育施設の名称を「三河教育センター」(写真=外観のイメージ)に正式決定した。令和5年度から活用していく計画だ。同センターは、蒲郡市鹿島町に建設。用地は6,211平方㍍(駐車場211台)。建て面積690平方㍍の2階建てで、1階が実習場、事務室、倉庫など、2階が教室2つ(各100名収容)。ここは、国道23号蒲郡バイパスの蒲郡西インターから4・6㌔、車で約10分の場所になる。

(全文は整備新聞 令和4年3月25日号:1面に掲載)

三重整振、理事会で新技術対応など重点に事業計画前のページ

未来考える会、行政と意見交換会を開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    自動車技術総合機構、柴田宗範中部検査部長・就任インタビュー

    4月1日付で、独立行政法人自動車技術総合機構中部検査部長に前岐…

  2. 整備関係

    豊川支部がスーパー駐車場で防犯ネジ取付け

    自動車関連盗難が後を絶たない中で、愛知県自動車整備振興会(川村…

  3. 特集

    岐阜整振・第18回整備技能競技大会を開催、優勝は西濃Bの松岡・尾﨑選手

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は11月13日、岐阜市の…

  4. 整備関係

    東海自動車が「健康経営優良法人」に認定、従業員の健康管理に注力

    指定工場の東海自動車工業(蒲郡市、三田俊和社長)はこのほど、「…

  5. 整備関係

    積極的に電子化対応:田口隆男・岐阜整振会長

    令和4年の年頭にあたり、謹んでお慶びを申し上げますとともに、昨年中に賜…

  6. 整備関係

    整備関係

    中部運輸局・「特定整備」の説明など積極化

    道路運送車両法改正に伴う特定整備制度などが実施されることから、中部運輸…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP