中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

乗用車市場調査でEVへの関心度高まる

日本自動車工業会(自工会、豊田章男会長)は、2021年度の「乗用車市場動向調査」の結果をまとめた。それによると、昨年秋から年末の時点では、コロナ禍の影響により移動手段として公共交通機関から自家用車にシフトしているほか、次世代車の購入意向では電気自動車(EV)への関心が高まっていることが明らかになった。この調査は、単身世帯を含む全国の一般世帯を対象に隔年ごとに調査。今回は、これまで同様に保有状況・今後の購入意向などとともに、次世代自動車・先進安全技術・次世代技術について時系列での動きを捉えている。また、トピックスとして高齢層・若年層の世代特性把握、車関連サービス、車関連費用に加え、新たに新型コロナ感染拡大による生活変化・自動車保有への影響も分析している。

内容を見ると、乗用車の世帯保有率は77・9%で、地方圏中都市以下で保有率が高い。車種タイプ・車型別保有率は、全体では軽乗用車の保有が三割強を占め最も高く、首都圏より地方圏で高い。また、ハイブリッド(HV)などの次世代エンジンが2割弱を占め、増加傾向が続いている。

(全文は整備新聞 令和4年5月25日号:3面に掲載)

中部の整備工場数が4月は再び廃止が大幅増加前のページ

自動車整備業の経営・給与データブックを発行次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    新技術研修を積極化:田中森・福井整振会長

    新年明けましておめでとうございます。 令和5年の節目となる輝かしい新年…

  2. 整備関係

    愛知運輸支局・電子車検証に伴う窓口対応、7月から取りやめ

    愛知運輸支局は、今年1月からスタートした電子車検証による窓口混雑対策と…

  3. 整備関係

    岐阜・三重の整備振興会、OBD検査・確認へ対応準備急ぐ

    岐阜と三重の整備振興会では、来年10月からスタートする検査用ス…

  4. 整備関係

    愛知ダイハツが独自のキッチンカー制作しイベントなどで活用

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)はこのほど、店舗イベントなどで食品…

  5. 整備関係

    愛整振・岡崎支部は地域イベントに参画して4回目の点検教室

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の岡崎支部(横山陽一支部…

  6. 整備関係

    愛整振・豊川支部が忘年会で支部選手の全国大会出場など報告

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の豊川支部(近田清隆支部…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP