中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部の整備工場数が4月は再び廃止が大幅増加

中部地区の整備工場数は年度替わりのところで、一転して認証の廃止が新規を大幅に上回った。中部運輸局がまとめた管内(5県)の認証・指定工場数及び新規・廃止状況によると、4月は認証の新規が20件、廃止が43件となった。年度末の3月に事業の整理が数字に表れたものと見られる。これにより、4月末現在の中部の整備工場数は1万3079工場となり、前年同期に比べ67工場増加した。

(全文は整備新聞 令和4年5月25日号:3面に掲載)

健全な車社会へ6月は「不正改造車を排除する運動」を展開前のページ

乗用車市場調査でEVへの関心度高まる次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    日整連の事業計画、特定整備対応や人材確保など

    日本自動車整備振興会連合会・同商工組合連合会(日整連・整商連、…

  2. 整備関係

    静岡整振、ライブ配信で人材確保セミナーを開く

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は、人材確保事業の一環と…

  3. 整備関係

    愛知ダイハツが中警察署と高齢者に交通安全教室

    「身体機能を見極めて交通事故防止を」と、愛知県警中警察署(星野…

  4. 整備関係

    今年度のスキャンツール補助金が半月で予算到達

    国土交通省は今年度も自動車整備事業者などを対象にスキャンツールの導入補…

  5. 整備関係

    整備白書・業界環境の変化を説明

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、令和3年度特定整…

  6. 整備関係

    整備関係

    愛知のユーザー車検「登録車は2・6%減」持ち込みは拡大

    ユーザー車検が、なかなか減少していかない。愛知県における令和元年度のユ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP