中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部の整備工場数が4月は再び廃止が大幅増加

中部地区の整備工場数は年度替わりのところで、一転して認証の廃止が新規を大幅に上回った。中部運輸局がまとめた管内(5県)の認証・指定工場数及び新規・廃止状況によると、4月は認証の新規が20件、廃止が43件となった。年度末の3月に事業の整理が数字に表れたものと見られる。これにより、4月末現在の中部の整備工場数は1万3079工場となり、前年同期に比べ67工場増加した。

(全文は整備新聞 令和4年5月25日号:3面に掲載)

健全な車社会へ6月は「不正改造車を排除する運動」を展開前のページ

乗用車市場調査でEVへの関心度高まる次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    静岡政治連盟が理事会で議員懇談会への要望事項など審議

    整備業界にあって活発な政治活動を行っている静岡県自動車整備政治…

  2. 整備関係

    愛知部品組合が総会で新理事長に田中康裕氏を選出

    愛知県自動車部品商組合(五島秀明理事長)は6月10日、名古屋市…

  3. 整備関係

    日整連・2月末までスローガンを募集

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、毎年9月1日から…

  4. 整備関係

    国交省が検討、車検時に5項目のOBD確認を導入

    自動車技術の高度化に伴い、点検・整備関連の法・制度改正が進んでいるが、…

  5. 整備関係

    愛整振・春日井支部がシートベルト着用など広報活動を展開

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の春日井支部(川上健治支…

  6. 整備関係

    電子制御整備認証で中部の取得率は平均で58%に上昇

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得率が、なかなか伸びていか…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP