中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・西尾支部が総会で青年部と連携し地域活動なども

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の西尾支部(木下卓住支部長)はこのほど、書面による第31回通常総会を行い、新年度の事業計画や予算などを決めた。今後の活動について木下支部長は「整備業界では特定整備をはじめ、車検証の電子化やOBD検査の導入など、さまざまな制度への対応が求められている。コロナの状況を見ながら研修会などを計画していきたい」としている。

(全文は整備新聞 令和4年5月25日号:2面に掲載)

愛整振・岡崎支部が県内トップを切りマイカー無料点検前のページ

愛整振・豊橋支部が総会で委員会、部会ごとに新年度計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    東京オートサロンで出展33台に文書で注意喚起

    自動車技術総合機構は不正改造車の排除を目的に、令和3年度のカスタムカー…

  2. 整備関係

    三重・未来考える会がインボイス制度セミナーを受講

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一 会…

  3. 整備関係

    日整連が児童を対象にしたクルマのシールブックを作成

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)はこのほど、…

  4. 整備関係

    来年度からOBD検査のシステム登録始まる

    令和6年10月から車載式故障診断装置(OBD)を活用した自動車検査が実…

  5. 整備関係

    岐阜整振が「キッズタウンぎふ」に参画し子供たちに整備士をPR

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は8月27~28日、岐阜…

  6. 整備関係

    岐阜整振・高山東・西支部が今年も無事故・無違反コンテストに参画

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)・飛騨ブロックの高山東支…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP