中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・西尾支部が総会で青年部と連携し地域活動なども

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の西尾支部(木下卓住支部長)はこのほど、書面による第31回通常総会を行い、新年度の事業計画や予算などを決めた。今後の活動について木下支部長は「整備業界では特定整備をはじめ、車検証の電子化やOBD検査の導入など、さまざまな制度への対応が求められている。コロナの状況を見ながら研修会などを計画していきたい」としている。

(全文は整備新聞 令和4年5月25日号:2面に掲載)

愛整振・岡崎支部が県内トップを切りマイカー無料点検前のページ

愛整振・豊橋支部が総会で委員会、部会ごとに新年度計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    令和4年3月末、中部5県の自動車保有台数は平均微増

    中部運輸局がまとめた今年3月末現在における管内の自動車保有台数は、5県…

  2. 整備関係

    愛整振・一宮支部が点検基準改正などをテーマに研修会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の一宮支部(住田正一支部…

  3. 整備関係

    愛知盗難防止協議会・ユーザー啓発強化などの活動計画決める

    自動車関連盗難が依然として多発する中、自動車関係団体と警察、損…

  4. 整備関係

    愛知自動車会議所が総会で山口会長を再選、決算報告など

    愛知県自動車会議所(山口真史会長)はこのほど、書面による第68…

  5. 整備関係

    監査・認定のテュフラインランドジャパンが「ロードサービス・テュフ認証」を開始

    車体整備などの監査・認定サービスを行うテュフラインランドジャパン(横浜…

  6. 整備関係

    岐阜運輸支局、環境対策など127事業場を表彰

    岐阜運輸支局は7月20日、整備振興会館で自動車整備優良事業場の…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP