中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

【整備関係】 愛整振・江南支部が総会で若手会員の交流図り事業活性化

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の江南支部(大脇伸二支部長)は5月27日、愛整振小牧教育センターで第31回通常総会(写真)を行い、新年度の事業計画などを決めた。冒頭、大脇支部長は「コロナ禍で久しぶりの総会となる。車業界はEV化やデジタル化の進展、整備業界は特定整備や車検証電子化など大きく変化している。支部としては研修会の開催や会員相互のつながりを強めながら、各種事業を推進したい」とし、支部活動への積極的な参加を求めた。

(全文は整備新聞 令和4年7月10日号:3面に掲載)

愛整振・中村支部が総会で会員の経営強化へセミナーなど計画前のページ

愛整振青年部が、洗車機活用し業務改善テーマに研修次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜商組が総代会、役員改選で直井新理事長を選出

    岐阜県自動車整備商工組合(國枝功理事長)は6月11日、岐阜市日…

  2. 整備関係

    愛知電装組合・平出新理事長の就任インタビュー

    愛知県自動車電装品整備商工組合の新理事長に、5月の通常総会で平…

  3. 整備関係

    愛整振・支部が県内各地で防犯ネジの取り付けキャンペーン

    自動車関連盗難が後を絶たない中、今年度も愛知県自動車整備振興会…

  4. 整備関係

    岐阜整振、初のエーミング研修会を開く

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は1月25日、同整振岐阜…

  5. 整備関係

    中部の整備工場数で10月の新規が廃止の3倍に

    特定整備制度への取り組みが活発化する中で、中部の整備工場数は認証の新規…

  6. 整備関係

    整備関係

    保安基準告示改正、来年11月から新型の乗用車に自動ブレーキ義務化

    国土交通省は道路運送車両の保安基準の細目を定める告示の一部を改正し、新…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP